KZ BLOG

VOX AC30/6 TOP BOOST

[ 2010.03.28 ]

R0027361.jpg
お借りしているJMI期の「VOX AC30/6 TOP BOOST(トップブースト)」モデルの詳細です。
R0027369.jpg
製造年を知る手がかりとしては、トーレックスが「ブラック・スムース」、コントロールパネルは「グレー・パネル」、パネルロゴは右下に 「銀色JMI」、グリル・クロスは「ブラウン格子」、スピーカーは「VOX BLUE」、VOXバッジは「一体型」、ハンドルは「プラスチック」、ベンチレーターは「ブラック・メタル」、ノブは「チキンヘッド」、インプットは 「6」、コーナープロテクターは「2ピン」、ボルテージセレクターは「リンクタイプ」、整流は「真空管」です。
R0027372.jpg
キャ ビネット裏のシリアルナンバーは「12860 TB」ですが、JMI期のVOXアンプはシリアルナンバーのデータが大まかなものしか無く、あまり参考になりません。(モノの本によれば1964年製は 10500~11500番くらい、1965年製は16000番くらいとのこと・・・?)
R0027384.jpg
シャシーのシリアルナンバーは 「04560」ですが、正確なデータがないために製造年の決め手になりません。(前述の本によれば、シャシーナンバーは1964年製が3000番台、1965年製は7000番台くらいとのことですが・・・?)
R0027426.jpg  
ス ピーカーのデータコードは「08HH」です。セレッションのデータコードは良い手がかりになります。最初の数字「08」は「8日」を意味し、最初のアル ファベット「H」は「8月」、最後の「H」は「1963年」を意味します。よってこのスピーカーは「1963年8月8日」製造であることが判りました。
総合して判断すると1965か1966年製造だと思いますが、1964年の可能性も捨てきれません。
簡単に内部をチェックしたところ、こちらもV8にはMullard CV4004(12AX7の高信頼管)が間違って挿してありました。その上何故かノーマルチャンネルとブリリアントチャンネルで使用するV1にはMullard CV4003(12AU7の高信頼管)が挿さっていました???
各部の電圧測定は後日行います。「10年近く電源を入れていない」とのことで、少しビビってます。煙や火を噴かないように気をつけます。

VOX AC30/6 TOP BOOST はコメントを受け付けていません。