KZ BLOG

Kzでオーダー可能なブリッジを比較紹介

[ 2018.10.08 ]

エレキギターに搭載されるブリッジはシンクロナイズドトレモロ、フロイドローズ、TOM(チューンオーマチック)、ビグスビーなど多くの種類がありますが、Kz Guitar Worksでは厳選した4種類のブリッジをカスタムオーダーのためにご用意しました。それぞれのブリッジは当然ながらサウンド操作性ルックスに違いがあるので、それらについてご紹介します。

ケーラー


アーミング時の動作が非常に滑らかでチューニングが安定しています。またベンディングに伴うピッチ変化がまるでビグスビーのように滑らか。サウンドは4種類の中で最もスムースでウォームな方向性を持ちます。調整可能な部分が非常に多いブリッジではありますが、長年の経験からベストのセッティングを施してから出荷するためにプレイヤビリティ、サウンドともに良質であることを約束します。

Kz Oneにおいて最も人気のあるブリッジで、次世代のスタンダードを目指すKz Oneに搭載するブリッジとして最もおすすめのチョイスです。”新しさ”を求めるギタリスト、アーティストにKz Oneとケーラーの組み合わせを選んでもらえるとうれしいです。

余談ですが、「Kahler」って本来は「カーラー」と発音するのをご存知ですか?2017年のNAMM ShowでKahlerの社長さんに「”カーラー”を使ってくれてありがとう」と挨拶をされて焦ってしまいました。日本国内では「ケーラー」の方が通りが良いので、便宜上「ケーラー」と表記をしています。

シンクロナイズドトレモロ


Kzで用意しているGotoh製のシンクロナイズドトレモロブリッジはブロックタイプのサドルを採用していることもあり、スピーディでシャープなサウンドが特徴的です。音程変化の幅やベンディングの滑らかさはケーラーに劣りますが、フェンダースタイルのトラディショナルなスタイルのギターを使いなれた方からは根強い人気があります。

TOM & STP


トレモロが必要ない方にはこちらの組み合わせを提供しています。ギブソンスタイルでよくみられるTOM(チューン・オー・マチック)とSTP(ストップ・テール・ピース)の組み合わせです。トレモロがないためにサウンドはよりダイレクトでスピーディ、そしてタイトです。構造がシンプルなためにロスが極限まで少なく、豊かなサスティーンも大きな特徴の1つ。

テールピースブリッジ(バダスタイプ)


最もシンプルで、曖昧さ、雑味といったものを排したダイレクトでストレートなサウンドが特徴。ルックスも潔さを感じるほどにシンプルで、ケーラーとは対極にあるブリッジだと考えます。特にパッションをダイレクトにプレイで表現するギタリストやギターボーカルのスタイルでの演奏をメインにするアーティストにおすすめしたいと考えています。(標準的なラインナップに加えるかどうかは未定)
現在は廃盤となったGotoh/Wilkinson製のテールピースブリッジGTB200をチョイス。2・3弦と4・5弦が可動サドルになっており、細かなオクターブ調整が可能です。

Kzでオーダー可能なブリッジを比較紹介 はコメントを受け付けていません。

KGWピックアップ

[ 2018.10.02 ]

KGW PICKUPSはKz One Standardのために開発されたKz Guitar Worksのオリジナルピックアップです。

KGW開発以前Kz Oneにはレッド・スペシャルにも使われているBurns Tri-Sonic pickupsのレプリカモデルである”Classic British“や”Dome Top“を搭載していました。


[クラシックブリティッシュPU]


[ドームトップPU]

ところが全幅の信頼を置いていたAdeson社からのピックアップの供給が2016年に断たれてしまいます。これをきっかけにオリジナルピックアップの開発をスタートし、交流のあるピックアップビルダーやミュージシャンたちの協力の末に2017年にKGW PICKUPSを完成させました。

サウンド


KGW PICKUPSは60年代のUKスタイルをモチーフにしたシングルコイルピックアップで、ヴィンテージテイスト溢れるブリティッシュトーンを取り入れながら、モダンな音楽にフィットする高い音圧ノイズ耐性を持ちます。シングルコイルらしい繊細なピッキングニュアンスの表現力と、一般的なシングルコイルよりもファットなサウンドを持ち合わせており、ソリッドボディのギターにはもちろんセミホロウボディのギターにも完璧なバランスをを持つエレガントなサウンドをもたらします。

Tri-Sonic、Classic British、Dome Topは金属カバーでしたが、ピックがカバーに当たった時の金属音を排するためにプラスチックカバーを採用しています。

構造について


コイルは一般的なシングルコイルピックアップよりも薄く、広い幅のデザイン。これによって従来よりもファットなトーンが得られます。ワイヤーは一般的なものよりもわずかに細いゲージのマグネットワイヤーを採用し、ターン数は少なめ、コイルの堆積を小さくすることでハムノイズの発生量を極限まで抑制。ワックスポッティングエポキシ樹脂によるコーティングを施し、アリーナクラスのステージでの使用にも耐え得る高い対ハウリング性能を持たせました。当然ながらフロント、センター、リアはそれぞれターン数はキャリブレートされておりミックスポジションではハムキャンセル効果が得られます。

こうして仕上げられたボビン金属製のヨークと組み合わせます。ヨークは弦振動から電気信号への変換効率を高め、またノイズを混入させないシールド効果も持ちます。

マグネットには意図的に減磁したセラミックマグネット採用し、マイルドでありながらワイドレンジなサウンドを志向しています。マグネットは2コ向かいあわせるように配置し、それ自体をポールピースとしてデザインしています。これによって中央付近ほど強い磁力が得られ、指板のRに合わせて弦振動をキャッチします。

製作過程

ピックアップを構成するパーツの1つで、これらは加工前のボビンとセラミックマグネットです。

このように組み込んだ後に特別に選んだ少し細めのマグネットワイヤーを巻いていきます。

巻きあがるとこのようになります。マグネットは前述したとおり2コが向かい合っています。

この後、金属カバーと同等の対ノイズ性能を得るためにボビンにはシールディングを施し、スティールのヨークを組み込みます。

こちらにリード線を取り付け、ケースに組み込んで完成です。

開発ストーリー

KGW開発以前は「世の中にもっとブライアン・メイサウンドの良さを知らせたい」ということからトライソニックを元にしたクラシックブリティッシュを採用しました。しかし、Kz Oneをスタンダードなギターにするためにもっと扱い易いサウンドデザインの必要性を感じ、KGWの開発に踏み切りました。クラシックブリティッシュのサウンドをモチーフにしたビンテージブリティッシュトーン(ダークさ、湿っぽさ)を残しながらも、明るさを足すために低音域を微調整しています。

種別としてはシングルコイルでありながら、ノイズに関しては徹底的に排する事にこだわりました。ピックアップのケースのトップ面には指板のRに合わせたRをつけたドームトップデザインを採用しています。これにより全体的なデザインは統一性を持ち、ユニークなルックスに仕上がりました。

結果としてサウンド・対ノイズ性能・ルックス、全てにおいて唯一無二、完全オリジナルなピックアップが完成したと思います。

Kz Guitar Works代表 伊集院

スペック

直流抵抗値 ネック7.5kΩ ミドル7.7kΩ ブリッジ7.9kΩ
ツインセラミックマグネット
ワックスポッティング
エポキシコーティング

KGWピックアップ はコメントを受け付けていません。

歴史 バイオグラフィ

[ 2018.10.02 ]

年表

2001年 レッド・スペシャルを製作するギター工房として工房立ち上げ 埼玉県蓮田市に工房開設。(蓮田工房)
2002年 埼玉県飯能市に移転。(飯能工房)
2007年 オフィシャルでレッド・スペシャルの製作を開始
2008年 神奈川県藤沢市に移転。(片瀬工房)
2011年 モディファイド VOX AC30を発表
2015年 神奈川県逗子市に移転。(逗子工房)オリジナルギターのデザイン、製造を開始
2016年 NAMM SHOWでKz One Standardを発表
2017年 Kz初のアーティストモデル「Kz One Adam Slack」、ジュニアモデル「Kz One Junior」を発表
2018年 「Kz One Solid T line」、「Kz ST]を発表

Kz Guitar Works 誕生

2001年、レッド・スペシャルを専門的に製作するための工房として埼玉県蓮田市にてKz Guitar Worksはスタートしました。Brian May本人のマネージメントに「レッド・スペシャルを作りたい」と連絡をしたところ、「QueenおよびBrian Mayの名前を使わなければ禁止はしない」と返事を受けレッド・スペシャルを製作を開始。


[蓮田工房 写っているのはプロトタイプのレッド・スペシャルです]

約1年半の間に試作を繰り返し、2本のプロトタイプが完成します。

この2本のレッド・スペシャルを携えブライアン・メイ本人のレッド・スペシャルをリペアしたことで著名なグレッグ・フライヤーをオーストラリア・シドニーまで訪ねます。Kz製レッド・スペシャルはグレッグに高く評価され、紹介を受けたブライアン・メイとの交友がはじまります。後のオフィシャルモデルの製作につながる重要な出来事でした。


[シドニーのグレッグの工房にて]

オフィシャルのレッド・スペシャル、BM superの製作

2007年、Brian May Guitars(ピート・マランドロンというブライアンのギターテックとHouse Musicというロンドンのギターショップの社長が2人で立ち上げたギターブランド。)のミッドレンジの製品の製作プロジェクトにグレッグ・フライヤーとKz Guitar Worksが選ばれます。2007年から2010年にかけて両者主導により110本のレッド・スペシャル(Brian May Super)を製作。


[製造を手掛けたBM Super]

この時に製作した製品は世界中のレッド・スペシャルファンから好評を博し、2008年のQueenワールドツアー”the cosmos rocks tour”ではブライアン・メイ本人が演奏しました。


[Queen “the cosmos rocks tour”]

モディファイド VOX AC30の開発

藤沢市は片瀬に工房移転後の2009年、ブライアン・メイのVOX AC30モディファイを行ったアンプビルダーでもあるグレッグを日本に招き、AC30モディファイに関する情報、技術が伊集院に伝授されました。


[グレッグによるアンプモディファイのレクチャー]

この後の2年ほど独自にテストや研究を続け、2011年にグレッグのデザインを基に独自のアレンジを加えてより扱いやすいアンプに仕上げた”モディファイド VOX AC30“を発表します。

閉鎖危機を乗り越え初代Kz One構想を開始

オフィシャルモデルの製作プロジェクト、モディファイド VOX AC30の開発が終了した後、2011年末で工房を閉めると伊集院が宣言。しかし、「レッドスペシャルを修理してほしい」「辞める前にこれをやってほしい」といった依頼や励まし、応援が多数集まり、依頼された仕事をこなすのに1年半がかかることになってしまいます。この時期の仕事やレッド・スペシャルの製造を通じて生まれた知識や経験、技術を使って自分にしか作れない新しいギターを今なら作れるんじゃないか、この仕事をやる意味があるんじゃないかと考え工房の閉鎖を撤回し、リペアやアンプのモディファイといった業務をこなしながら工房を継続、新たなモデルの構想を開始します。


[2014年サマーソニック出演のために来日したブライアンと再会]

2014年、レッド・スペシャルのテイストを取り入れ、Kzの経験と知識を融合させたオリジナルモデルの開発をスタート。


[プロトタイプの製造風景]


[旧Kz Oneプロトタイプ]

およそ8種類のボディシェイプ、20種類以上のコントロールレイアウトをデザインし、その中からベストな組み合わせを採用したプロトタイプを完成させ、さらに改良を続けた末の2015年、遂に初のオリジナルモデルが完成しました。「新しい一歩、次の一歩」という意味を込めて「Kz One」と名付けられます。


[旧Kz Oneお披露目ライブにて]

同時期、自社工房での製造効率を高めるために工房は現在の逗子工房に移転。


[初代Kz Oneリリース時のフライヤー]

オリジナルの要素を大きく組み込むための大幅なモデルチェンジ

「Kz One」を完成させた4ヶ月後、よりオリジナリティの高いデザインを求めて大幅なモデルチェンジを敢行します。レッド・スペシャルのテイストを減らし、シンプルで美しくバランスに優れたオリジナルのボディシェイプにリアレンジ。新たなスタンダードを作るという意味を込めてこのモデルを「Kz One Standard」と命名。翌年の2016年、カリフォルニア週アナハイムで開催されたNAMM ShowにてKz One Standardを発表し、多くの反響を得ます。


[Kz One Stadndardのフライヤー]


[レッドスペシャルとデザイン変更後のKz One(ピックアップはまだクラシックブリティッシュでした)]

Kz One Standardに採用していたAdeson製ピックアップの供給がストップしたのを機に、2017年よりオリジナルピックアップの開発を開始します。交流のあるピックアップビルダーやプロギタリスト達からの意見を基にして完全なオリジナルデザインのピックアップ、KGWを完成させます。

2017年にはKz初のアーティストモデル、「Kz One Adam Slack」とジュニアモデル、「Kz One Junior」を発表、2018年には「Kz One Solid T line」、「Kz ST]を発表。

進化し続けるギターメーカー「ケイズギターワークス」は、オリジナルギター「Kz One」で新しい時代のスタンダードを目指すギター製作工房です。日本のメーカーの誇りを持って、一本一本心を込めてオリジナルギターをお届けします。

歴史 バイオグラフィ はコメントを受け付けていません。

謹賀新年 2018

[ 2018.01.01 ]

2018
明けましておめでとうございます。

2018年、ケイズギターワークス飛躍の年となるように日々精進する所存です。
もっともっとKz Oneモデルが広がりますように!

皆さまにおかれましても素晴らしい一年となりますようお祈り申し上げます。

本年もよろしくお願いいたします。

ケイズギターワークス
代表 伊集院香崇尊

謹賀新年 2018 はコメントを受け付けていません。

Kz One Adam Slack Signature Model

[ 2017.11.28 ]

Kz One Adam Slack Signature model coming out soon !!
Please check back on December 1st, 2017 for more information !!

The Stratsのギタリスト、アダム・スラック・シグネチャーモデルの詳細情報を12月1日に解禁します。
ご期待くださいませ!

ADAM_SLACK_11_18_2017_WH_002

Kz One Adam Slack Signature Model はコメントを受け付けていません。

工房見学 & 試奏会のお知らせ

[ 2017.03.22 ]

4/8(土)に神奈川県逗子市のケイズギターワークスで「工房見学 & 試奏会」を開催します。

普段あまり見る機会のない製作途中のギターや製作工程、大阪サウンドメッセで展示する特別仕様のKz One Standardを一足先にご覧いただけます。

さらに、当日はおよそ10本のKz One Standardを揃えます!
仕様違いのKz Oneを比較するまたとない機会です。

もちろん、試奏して気に入ったギターがあれば、その場でご購入も可能です。
参加ご希望のお客様は下記連絡先までメールまたは電話のうえ、参加人数とお名前・ご連絡先をお知らせください。

ケイズギターワークス工房見学 & 試奏会
日時:4/8(土) 14:00〜16:00頃まで
所在地 : 神奈川県逗子市桜山3-1-5
電話 : 046-801-3150
メール: tsubasa@kzguitarworks.com

皆様のお越しをお待ちしております!
担当:東川

17458187_1365900573472652_3739793744484783203_n

工房見学 & 試奏会のお知らせ はコメントを受け付けていません。

重要なお知らせ

[ 2017.03.10 ]

「ADESONピックアップの休止」と「KZオリジナルピックアップ開発」、そして「Kz One Standard セミオーダーオプション終了」のお知らせ。

諸般の事情により、在庫を以てADESONピックアップを搭載したKz One Standardの製作を終了いたします。在庫はDome-Top(ドームトップ)が2セット、Classic British(クラシックブリティッシュ)が10セットとなります。なお、再開は未定です。

と言うことで、KZオリジナルピックアップを鋭意開発中。サウンドはADESONを踏襲しますので、ご安心ください。デザインは幾つか考え中。4月14(金)〜16(日)の大阪サウンドメッセにて発表予定。ご期待くださいませ!

そして、3月19日を以てKz One Standardのセミオーダーオプションを終了いたします。昨年の楽器フェア以降、たくさんのオーダーをいただいており、従業員一同ありがたく思っております。しかし、現在の体制ではオプションへの対応が困難になって参りました。苦渋の選択ですが、ヘッド突き板・指板材・EVOフレット・Fホール、そして特注カラーなどのオプションを終了いたします。

3月19日以降ご注文いただけるラインナップは以下の通り(予定)です。我々ケイズギターワークスが自信を持ってオススメするスペックとカラーです。
1.フレイムドメイプルトップ(オリジナルバースト)
2.マホガニートップ(アンティークマホガニー)
3.プレーンメイプルトップ(ブラック・カスタム仕様)

最高クオリティーのKz Oneを、安定してコンスタントに継続して作り続けるために、そしてKz Oneを「スタンダード」なギターにするための判断です。何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。

今後ともよろしくお願いいたします。

重要なお知らせ はコメントを受け付けていません。

ロンドンでKz One Standardが試奏・購入出来るようになりました!

[ 2017.02.28 ]

英国・ロンドンでKz One Standardが試奏・購入出来るようになりました!
デンマークストリートのHanks Guitar Shopです!

It is now possible to try/purchase the Kz One Standard in the U.K! It is Hanks Guitar Shop in Denmark Street, London. As of now, there are 2 guitars at the store: a black lefty and a honey orenge (right hand) Here’s the link to their website
http://www.denmarkstreetonline.co.uk

16998163_1344121952317181_7321926797548871362_n

17022115_1344121955650514_2428049124944527360_n

ロンドンでKz One Standardが試奏・購入出来るようになりました! はコメントを受け付けていません。

米国・カリフォルニアの楽器店でKz One Standardが試奏・購入出来るようになりました!

[ 2017.02.01 ]

Kz One Standardの販売ディーラーにカリフォルニアの楽器店「Eden Guitars」が加わりました。

The California-based guitar shop Eden Guitars have become the newest dealers of the Kz One Standard!
16142453_593341264189810_951510734101342681_n

16142594_593341267523143_2755137856640336473_n

16265396_593341287523141_8559795637609699694_n

米国・カリフォルニアの楽器店でKz One Standardが試奏・購入出来るようになりました! はコメントを受け付けていません。

フライヤー・サウンド社トレブルブースター生産終了のお知らせ。

[ 2016.12.24 ]

生産終了に伴い「トレブルブースター・ツーリング」「トレブルブースター・デラックス」「トレブルブースター・プラス」は、本日12月24日(土)入荷分を以て販売終了となります。予めご了承くださいませ。

IMG_6550

IMG_6551

フライヤー・サウンド社トレブルブースター生産終了のお知らせ。 はコメントを受け付けていません。

島村楽器 八王子店さんで取り扱い開始!

[ 2016.10.25 ]

島村楽器 八王子店さんでも「Kz One Standard」の取り扱いが始まりました。お近くにお出かけの際は是非手に取ってお試しください!

http://www.shimamura.co.jp/hachioji/index.php?itemid=189746

島村楽器 ミーナ町田店さんで取り扱い開始!

[ 2016.10.18 ]

島村楽器 ミーナ町田店さんで「Kz One Standard」の取り扱いが始まりました。町田にお出かけの際は是非手に取ってお試しください!

http://www.shimamura.co.jp/sp/machida/?itemid=189178

グランディ&ジャングルさんで取り扱い開始!

[ 2016.10.14 ]

渋谷の池部楽器店 グランディ&ジャングルさんで「Kz One Standard」の取り扱いが始まりました。美しい写真が素晴らしく、プロの販売店の視点で書かれた文章も的確です。只今、トランス・ブルー&Fホールの特別モデルが店頭にて販売中。渋谷にお出かけの際には、まずは手にとってご試奏ください。是非!

http://www.ikebe-gakki.com/ec/pro/disp/1/482962

ADESON Dome-Topピックアップ

[ 2016.10.11 ]

予告:まもなく、Kz One Standardの標準ピックアップを「ADESON Dome-Top(ドームトップ)」に変更いたします。ADESON Dome-Topは、上面にRのついた美しいフォルムのドームトップカバーが特徴的。より一層、他に類のないユニークでオリジナリティ溢れたギターになります。

これまでのピックアップ「Classic British(クラシック・ブリティッシュ)」は、ご注文時のオプションでお選びいただけます。(在庫限り)

なお「ADESON Dome-Top」の内部構造は「Classic British」と同じですのでサウンドは一緒です。ただし、カバーの形状・サイズが異なるので、完成したギターの「Classic British」と「ADESON Dome-Top」を取り替える場合には、エスカッションを付けるなどの工夫が必要です。

dome_top

classic

カーリーメープル&Fホールモデルのサウンドチェック動画

[ 2016.07.02 ]


渋谷の楽器店フーチーズさんがカーリーメープル&Fホールモデルの
サウンドチェック動画を作ってくれました!
Thanks to Hoochies, who have made a video demonstrating a beautiful flame-maple and f-hole Kz One Standard.
Please enjoy!

カーリーメープル&Fホールモデルのサウンドチェック動画 はコメントを受け付けていません。

修理受付をしばらく休止します。

[ 2016.06.07 ]

ギター製作に専念する為、ギター修理・アンプ修理の受付をしばらく休止します。なお、再開時期は未定です。

大変ありがたいことに、たくさんのKz One Standardのご注文や問い合わせをいただいております。オリジナルギター「Kz One Standard」を安定して供給するために、しばらくギター製作に集中します。

また、たくさんのお問い合わせをいただくので、この機会に触れておきます。ご注文頂ければ、レッド・スペシャルも「オーダーメード」で製作いたします。ただし、こちらもたくさんの注文や問い合わせをいただいており、お渡しまではお時間をいただく事になると思います。
ご希望の方がいらっしゃいましたら、まずは問い合わせください。 
http://kzguitarworks.com/order/contact

よろしくお願いいたします。

Recently, due to the sheer amount of orders for new guitars, we have put a hiatus on guitar and amp repairs. We are greatly sorry for the inconvenience this may cause to our customers and we would like to apologize. We plan to repair the guitars/amps once the situation has changed.

We will also like to thank all the fantastic people who have recently ordered the Kz One Standards. It is impossible to express our gratitude and we look forwards to working with all of you again!

As always, if you have any questions about anything, please contact us through the following link: http://kzguitarworks.com/order/contact

修理受付をしばらく休止します。 はコメントを受け付けていません。

コントロール&ピックアップコンビネーション説明図

[ 2016.05.27 ]

Kz One Standardのコントロール部とピックアップコンビネーションの説明図を追加。
初めてKz Oneスタンダードを触る方でも、コントロール部の仕組みがご理解頂けると思います。

コントロール
controls_02

ピックアップコンビネーション
pickup_combi

コントロール&ピックアップコンビネーション説明図 はコメントを受け付けていません。

ディーキーアンプが最終入荷!

[ 2016.05.27 ]

deacy
伝説の「ディーキーアンプ」を手に入れる最後のチャンスです。この機会をお見逃し無く!

ブライアン・メイの代名詞の一つ、「オーケストレーション・サウンド」の要、それが「ディーキーアンプ」です。クイーンのレコードに収められている印象的なギターサウンド「オーケストレーション・パート」のほとんどはこの小型アンプを使ってレコーディングされました。

このアンプを使ってレコーディングされたのは「Good Company」でのトランペット・トロンボーン・クラリネットのような音、「Procession」「The Fellers Master-Stroke」などでのオーケストレーション、「Killer Queen」「Lily of the Valley」「God Save The Queen」「The Millionaire Waltz」「All Dead, All Dead」「Bohemian Rhapsody」「Bijou」「A Winters Tale」など、枚挙に暇がありません。

そんな「魔法のアンプ」が、構成パーツの入手が不可能になったことにより生産終了。今回入荷した2台を以て販売終了となります。
販売価格:179,000円

サウンドサンプル

商品ページ

フーチーズさんでの取り扱い開始!

[ 2016.05.01 ]

渋谷道玄坂のプロミュージシャン御用達ギターショップ、フーチーズさんで「Kz One Standard」の取り扱いが始まりました。素晴らしい特集ページを作って頂きました。美しい写真、プロの販売店さんの視点で書かれた文章、抜群に格好いいサウンドサンプル、全部が素晴らしいです。只今、サンプルギターが店頭に展示中。
http://www.hoochies.info/main/guitar/kz-guitar-works/kz-one-standard/

Kz One スタンダードのご注文受付中です。

[ 2016.02.28 ]

Kz One スタンダードのご注文受付中です。ボディートップ材をホンジュラス・マホガニーとハードメイプルからお選びください。今なら納期はおよそ3ヶ月、5月から順次お届け予定です。販売価格:350,000円(税別)
スペック日本語版0226イメージol

Kz One スタンダードのご注文受付中です。 はコメントを受け付けていません。

新年のご挨拶

[ 2016.01.01 ]

明けましておめでとうございます。

昨年末は大変バタバタしており、年末のご挨拶が出来ないまま年越ししてしまいました。。。

2015年のケイズギターワークスは、オリジナルモデルKz Oneの開発から始まり、試作・スペック決定&発表・工房移転・製作開始・発売記念イベント(第一弾〜第三弾)など、まさにKz Oneに明け暮れた激動の一年でした。

そして、2016年1月1日、ケイズギターワークスは、節目の15周年を迎えました。近年の厳しい楽器業界に於いて、15年もの長きに渡って営業を続けてこれたのは、ひとえにお客さまのおかげと感謝しております。ありがとうございます。

2016年のケイズギターワークスは、オリジナルモデル「Kz One」のボディーデザインをリニューアルして、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムで開催されるNAMMショー(2016年1月21日〜24日の4日間開催)にて展示いたします。また、国内の楽器店でもお試し&ご購入頂けるよう準備中です。Kz Oneの新デザインは、近日発表いたします。ご期待ください。

本年もよろしくお願いいたします。

ケイズギターワークス
代表 伊集院香崇尊

新年のご挨拶 はコメントを受け付けていません。

休業のお知らせ

[ 2015.06.20 ]

工房移転に伴い、明日6月21日(日)から7月4日(土)まで休業とさせて頂きます。

7月5日(日)より心機一転、逗子工房で営業を再開いたします。最寄りの駅はJR横須賀線 逗子駅で、そこから徒歩で15分程のところです。お車の場合は横浜横須賀道路 逗子インターから8分程です。最寄りの駅はJR横須賀線 逗子駅で、そこから徒歩で15分程のところです。お車の場合は横浜横須賀道路 逗子インターから8分程です。お近くにおいでの際は、お気軽にお立ち寄りください。

これを機に、より一層のサービス向上に取り組みますので、今後ともさらなるご愛顧を戴きますよう宜しくお願い申し上げます。

ケイズギターワークス 代表 伊集院香崇尊

新住所:〒249-0005 神奈川県逗子市桜山3−1−5
電話&FAX:046-801-3150
営業開始日:2015年7月5日(日)

iten

休業のお知らせ はコメントを受け付けていません。

VOXギターアンプのお取り扱い開始!

[ 2015.05.22 ]

VOXギターアンプ「AC10C1」(2015年5月23日発売)が、ケイズギターワークスでご購入いただけるようになりました。VOX伝統のトップ・ブースト・サウンドと、片手でひょいと持ち運べるサイズが魅力。

販売価格は46,800円(税込50,544円)です。ご注文からお届けまで約一週間。そして、なんと、VOXアンプ取り扱い開始記念(AC10C1以外のVOXアンプも取り扱いいたします)として、5月末までのご注文の場合はケイズギターワークスが送料を負担いたします。この機会に是非!

ご注文はこちらから:http://kzguitarworks.com/order

IMG_9186

特徴
VOX AC10C1は、VOX伝統のトップ・ブースト・サウンドが気軽に楽しめるチューブ・アンプです。リバーブ及びマスター・ボリュームを搭載し、サウンド・メイクが自由自在。AC15よりもポータブル、AC4よりもパワフルなサウンドを実現し、ステージでも自宅でも「使える」アンプです。

仕様
出力:10W RMS
真空管:2×12AX7、2×EL84
コントロール:GAIN、BASS、TREBLE、REVERB、VOLUME
スピーカー:1x 10インチCelestion VX10
入力端子:Input
出力端子:POWER OUTPUT (EXTERNAL )ジャック
サイズ:520(W)× 210(D)× 410(H)mm
重量:12.3kg

VOXギターアンプのお取り扱い開始! はコメントを受け付けていません。

工房移転のお知らせ

[ 2015.05.09 ]

ケイズギターワークスは2015年7月に神奈川県逗子市へ移転いたします。移転後は木工から塗装まで全て自社内で行うギター製作工房に戻ります。オリジナルギター「Kz One」の製作も自社内で行います。ご期待くださいませ。(これまで通り、ギターリペアとアンプモディファイは継続します。)今後ともよろしくお願いいたします。

IMG_8497

工房移転のお知らせ はコメントを受け付けていません。

オリジナルギター「Kz One」の詳細スペックを発表

[ 2015.05.09 ]

ケイズギターワークスのオリジナルギター「Kz One」の詳細スペックを発表します。

Model: Kz One Standard
Price: 270,000円 + TAX(Include Semi Hard-case)

Body: Mahogany(Semi Hollowed)
Neck: Mahogany, Set-Neck
Fingerboard: Rosewood 22F
Scale: 635mm(25″)
Frets: Jescar FW47095(2.4mm x 1.2mm)
Finish: Natural, Dark Mahogany, Red Mahogany and More…
Peg: Gotoh SG301MG-T
Bridge: Kahler 7300 Tremolo
Pickups: Adeson Classic British x 3(Direct Mount)
Controls: Vol(Pull: Neck Pickup Phase Out),Tone, 3 x Mini Toggle On – Off Switch

Neck Dimension
Width at Nut: 43mm
Width at 12th: 52mm
Width at End of Fingerboard: 57mm
Thickness at 1st: 23.5mm
Thickness at 12th: 25.5mm
Fingerboard Radius: 305mmR(12″R)

なお、2015年7月1日水曜日、横浜Hey Joeにて「Kz One発売記念スペシャルLive」の開催が決まりました!皆さま奮ってご参加ください。詳細は後日発表いたします。

kz_one20150509

11209625_893265597402821_9047757291585625196_n

オリジナルギター「Kz One」の詳細スペックを発表 はコメントを受け付けていません。

看板設置しました。

[ 2015.02.28 ]

看板(窓カッティングシート、壁面パネル)を設置しました。これからは「ナイトブルー(とても濃い藍色)」がケイズギターワークスのイメージカラーです。
よろしくお願いします。

IMG_8225

IMG_8222

IMG_8237

IMG_8238

看板設置しました。 はコメントを受け付けていません。

新年のご挨拶

[ 2015.01.03 ]

皆さま、明けましておめでとうございます。
2015年1月1日、ケイズギターワークスは節目の15年目に入りました。

今年のケイズギターワークスは、より多くのお客さまに喜んでいただきつつ、僕自身も楽しんで仕事できるような一年にしたいと思っています。

まず、これまでの経験を活かし「完全オリジナルモデル」のギターを開発します。春頃発表、7月販売開始予定。ご期待ください!

また、「KZモディファイドAC30」の良さを、もっとたくさんの皆さまに知っていただけるように活動します。

2015年のケイズギターワークスにご期待くださいませ。
今年もよろしくお願いいたします。

ケイズギターワークス
伊集院

新年のご挨拶 はコメントを受け付けていません。

年末年始休業日のお知らせ

[ 2014.12.30 ]

年末年始休業日のお知らせです。

2014年12月30(火)〜2015年1月3日(土)
年明け1月4日(日)より通常営業いたします。

皆さま、今年2014年もケイズギターワークスをご利用いただき、ありがとうございました。来年2015年はKZオリジナルギターを販売します。ご期待くださいませ!!

ケイズギターワークス
伊集院

年末年始休業日のお知らせ はコメントを受け付けていません。

委託販売のお知らせ

[ 2014.12.26 ]

委託販売のお知らせです。
モディファイドKZジュニア(マットブラック色):345,600円(税込)
モディファイドGUILD BM-01:345,600円(税込)

KZジュニアは、KZ全てのモデルを通じて1本だけ製作したマットブラック。激レアカラーです。
GUILD BM-01は、昨年KZでフルモディファイしました。
どちらも非常に状態が良く、自信を持ってお勧めいたします。この機会に是非!

12月29日追記:「モディファイドKZジュニア(マットブラック色)」は完売いたしました。たくさんのお問い合わせありがとうございました。引き続き「モディファイドGUILD BM-01」をよろしくお願いいたします。
12月30日追記:「モディファイドGUILD BM-01」も完売いたしました。ありがとうございました。

10882300_822622461133802_7367779947809951173_n

1549390_822622487800466_4680576108191397357_n

委託販売のお知らせ はコメントを受け付けていません。

委託販売 フルモディファイドKZジュニア

[ 2014.12.15 ]

フルアップグレード済みの2006年製「委託販売 フルモディファイドKZジュニア」が入荷しました。税込432,000円です。ピックアップもトレモロアームも最新バージョンにアップグレード済み。ケイズギターワークスのノウハウを全て投入して「究極のKz Junior」に仕上げた1本です。この価格でこのクオリティーのKZジュニアが市場に出ることは滅多にありません。この機会に是非!
12月17日追記:完売いたしました。たくさんのお問い合わせありがとうございました。

IMG_7290

IMG_7288

IMG_7291

IMG_7289

商品詳細:
専用ハードケースが付属します。
シリアルナンバーは「2006xxx」。2006年製作のモデルです。
全ての組み込み行程をケイズギターワークスで行いました。
フルアップグレード済み
ブリッジをKz Pro(プロ)と同じものに変更
ピックガードの形状・素材を変更
ストラップピンを変更
シャーラーロッキングペグに変更
配線材、ハンダ、キャビティー内のシールドなどを変更
アルミ製スイッチプレートにアップグレード
コントロールノブを変更
ポット、コンデンサを変更
ブリッジアンダーブロックをブラスに変更
BMスーパーピックアップに交換
ブリッジの位置を2ミリ前に変更
ピックアップの位置変更(ミドルを前に2ミリ、リアを前に3ミリ)
ピックアップ高さ変更
ピックアップザグリ拡張
ブリッジ下P.G.パーツ交換
トレモロアーム交換
コントロールノブ交換
ペグつまみ交換
トレモロカバー固定ビス変更
ピックガードビス交換
ピックアップ固定ビスをステンレス製に交換
フレットエッジの修正

委託販売 フルモディファイドKZジュニア はコメントを受け付けていません。
1 / 1412345...10...最後 »