KZ BLOG

作業中

[ 2009.10.26 ]


10月25日の作業の様子です。
R0012268.jpg
アンプキャビネットからヘッド部分を取り出し、状態を確認するために各ポイントを計測して記録しました。
アンプ2台を同時に作業する予定です。

作業中 はコメントを受け付けていません。

新アイテム4

[ 2009.10.23 ]

今日も新しいアイテムが届きました。
R0011981.jpg
山菱電機のポータブルボルトスライダー「MVS520」です。電圧計と電流計が付いています。
出力電圧をAC0~130Vの間で無段階調節できる装置です。改造したアンプにいきなり100Vの電圧を掛けるのは危険なので、この装置が必要です。また、115Vトランスが付いているAC30(日本国内のほとんど全て)には、ステップアップ・トランスとして使うことができて便利です。

新アイテム4 はコメントを受け付けていません。

新アイテム3

[ 2009.10.23 ]

昨日10月22日、新しいアイテムが2つ届きました。
R0011929.jpg
CAIG社の「DeoxIT D100L」です。前から使っているDeoxIT D5(接点洗浄・復活剤)の100% 原液です。接点表面の酸化を取り除くのに最適だとのこと。キャップにブラシが付いているので扱いやすいです。「スーパー」のこと 4
R0011936.jpg
シーカ社の「シーカフレックス 11FC」です。ポリウレタン系のシーラー/接着剤です。探すのに苦労しました。アンプパーツを固定するために使用します。

新アイテム3 はコメントを受け付けていません。

ペグ穴

[ 2009.10.21 ]

R0011481.jpg
今日は初めて、片瀬工房で「レッド・スペシャル・プロ」の作業を行いました。(10月6日の飯能工房での作業後に、ネック4本を持ってきてました。)
R0011484.jpg
直径10ミリの木工ドリルで、慎重にペグ穴を開けていきます。
R0011497.jpg
残す加工はヒール部の微調整だけとなりました。
明日は飯能工房に行く予定です。アンプ改造作業時に使用する木製ブロックを作ってきます。

ペグ穴 はコメントを受け付けていません。

新アイテム2

[ 2009.10.21 ]

CIMG2803.jpg
本日、ホットメルトアプリケーター「Polygun TC-Q」が届きました。なんだか凄いネーミングですが、平たくいえば業務用ホットボンドガンです。アンプの改造作業で使用します。
明日以降も電圧調整器、シーリング材、接点復活剤などが届く予定です。

新アイテム2 はコメントを受け付けていません。

新アイテム1

[ 2009.10.18 ]

SDIM2308.jpg
本日、真空ポンプ内蔵のはんだ除去装置「HAKKO 474」が届きました。配線基板を痛めることなく、たくさんの電子パーツを外す為に必要な装置です。アンプの改造作業で活躍する予定です。
SDIM2318.jpg
コテで溶かしたハンダを、先端の穴から真空ポンプで吸い取る装置です。

新アイテム1 はコメントを受け付けていません。

フライヤー・モディファイド

[ 2009.10.16 ]

SDIM2299.jpg
お客様からお借りしたグレッグ・フライヤー氏モディファイのAC30 TB-Xが、本日、片瀬工房に届きました。所有者様のご厚意により、今月28日の「レッド・スペシャル・ライブ」で使用させていただくアンプです。
早速、チェックを兼ねて試奏しましたが、あまりの素晴らしさに感動しました。想像以上でした。まず、非常にノイズが少ない。それでいて、歪ませたサウンドのパワーが圧倒的で、凄い。現時点ではこのアンプの素晴らしさを正確に表現する言葉が見つけられません。ただただ、素晴らしいサウンドでした。
SDIM2292.jpg
「レッド・スペシャル・ライブ」では、もっと大きなサウンドで鳴らす事ができると思います。いったいどんなサウンドが聴けるのかと、今からとても楽しみです。
「レッド・スペシャル・ライブ」ではこのアンプと合わせて、モディファイしたAC30BMモデルも使用予定。ご期待下さい。

フライヤー・モディファイド はコメントを受け付けていません。

TBスペシャル入荷

[ 2009.10.15 ]

SDIM2281.jpg
5月に注文していた「トレブルブースター・スペシャル」が、本日入荷しました。グレッグ・フライヤー氏によるハンドメイドです。ハンドメイド・バージョンの為、スライド式電池ボックスではなく、電池交換は裏蓋を外して行います。
* 全てのギターやアンプと合うように設計された、使い勝手の良いブースターです
* 「レベル」つまみで音量を調整
* 「レンジ」つまみで6音色を選択(ロータリースイッチ)
* オン・オフのフット・スイッチとLEDランプを装備
* 9ボルトアルカリ電池とACアダプターどちらでも使用可能
次回入荷の予定はありません。また、工場生産バージョンの販売時期は未定です。今回入荷分の残りは1台です。ご購入希望の方はメールにてご注文下さい。販売価格は63,000 円(税込)です。よろしくお願いいたします。
16日追記:完売いたしました。ありがとうございました。たくさんのお申込を頂きましたので、追加製作を依頼したいと思います。


過去記事:TBスペシャル(2009年03月09日 21:52)

TBスペシャル入荷 はコメントを受け付けていません。

プロトタイプお預かり

[ 2009.10.14 ]

CIMG2797.jpg
本日、プロトタイプのレッド・スペシャルをお預かりしました。このギターは、Kz Guitar Works最初の工房、埼玉県の蓮田工房で2001年7月から製作を始め2002年2月に完成した、プロトタイプ(試作品)です。
CIMG2780.jpg
初期型のブリッジです。この頃はローラー本体がアルミ、ローラー軸がステンレスでした。(現在はステンレス一体型)
01240007.jpg
埼玉県蓮田市の工房にて、2002年1月24日撮影。このモデル製作中の画像です。同時に製作した他の2本は1本がイギリスのマーク・レイノルズ氏の元へ、1本は当工房の倉庫の奥にしまってあります。工房初期の大切な思い出が詰まったギターです。
これから数ヶ月間掛けて「大手術」を行う予定です。内容については、後日詳しく書きたいと思います。

プロトタイプお預かり はコメントを受け付けていません。

器材レンタル

[ 2009.10.12 ]

本日12日、20時前から21時20分頃まで、ギタリストの清水一雄さんとTHE DALMATIANSの大嶋吾郎さんが、片瀬工房に来られました。10月28日の「レッド・スペシャル・ライブ」で使用する「ブライアン・メイ・スーパー」を、大嶋さんにお渡しいたしました。
ライブ当日、いくつかの楽曲では清水さんと大嶋さんのツインギターでハモるとのこと。
楽しみです。


お知らせ
11月中頃から「ブライアン・メイ・スーパー」や「VOX AC30BM」など、一部器材のレンタルを始める予定です。ご購入前の試奏用としての短期レンタル(1週間以内)と、ライブなどで使用していただく場合の長期レンタル(最長2週間程度)どちらにも対応できる様にしたいと考えています。レンタル料や方法などのシステムが整い次第、ブログにてお知らせいたします。
よろしくお願いいたします。

器材レンタル はコメントを受け付けていません。

お休み

[ 2009.10.08 ]

SDIM0787.jpg
明日9日から12日までお休みさせていただきます。
10月13日から業務再開予定です。
また、グレッグ・フライヤーさんの来日に伴い、10月24日から31日まで、ギターリペアの受付や商品の発送等の一般業務はお休みさせていただきます。11月1日から通常業務に戻る予定です。期間中はアンプの改造作業に集中したいと思います。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承のほどお願い申し上げます。

お休み はコメントを受け付けていません。

マウント方法

[ 2009.10.08 ]

CIMG1709.jpg
「ブライアン・メイ・スーパー」のピックアップは、ブライアンの「オールド・レディー」と同じく、ボディーにダイレクトマウント(直付け)されています。
ストラトやレスポールなど多くのギターで採用されている、ピックガードから吊るすフローティングマウントは、高さ調節が容易なのが利点ですが、大音量で鳴らした時に共振してハウリングを誘発したり、演奏中に触ってグラグラしたり、最悪の場合は高さが変わってしまう事があるので定期的に確認しなくてはなりません。
CIMG2619.jpg
ダイレクトマウントはボディーにしっかりと設置するために輪郭のしっかりしたサウンドになります。コシのあるアタックの効いた低音とソリッド感のあるタイトなサウンドが特徴です。
CIMG1699.jpg
数枚のファイバーワッシャーの組み合わせで最適な高さに調整するので、セッティングに手間が掛かるのですが、一度設定してしまえば変更する必要がないのが利点です。
CIMG2624.jpg
左から時計回りに、0,5ミリ、0,8ミリ、1,6ミリのファイバーワッシャーです。金属のワッシャーはインダクタンス(誘導係数)に影響を与えるので、ファイバーワッシャーでピックアップの高さを調節しています。

マウント方法 はコメントを受け付けていません。

昨日は・・・

[ 2009.10.07 ]

SDIM1948.jpg
昨日、10月6日は飯能工房で作業しました。自宅を10時20分頃に出発して飯能に到着したのは14時前。14時から22時30分頃まで作業しました。帰宅したのは深夜0時40分頃でした。
SDIM1927.jpg
今回はバインディングの整形等を行いました。画像は小刀で大まかに加工したところです。
SDIM1938.jpg
途中でネックを組み込んで形を合わせながら、棒ヤスリや紙ヤスリで仕上げました。
次回はネック加工の仕上げを予定しています。


Kz Pro(プロ)の販売を終了してから、およそ2年が経ちましたが、「最後のプロ」に関する記事をアップすると毎回、海外から問い合わせが来ます。とてもありがたい事ですが、状況を説明するのが大変ですので、下記に状況説明の英文を記します。


These Pro models are not for sale, but for my memories. I will shut down my manufacturing facility in Saitama prefecture soon, so I decided to create my last personal models for myself as a token of my history.
I do not want to sell those models because they are my personal gift to myself. It is so regretful to stop manufacturing, but this is the way I have chosen in order for me to concentrate on Brian May Super models.
In addition, in terms of Junior model, I have not sold it for years and will never sell – simply because of no newly produced ones. Thank you for your understanding in advance.

昨日は・・・ はコメントを受け付けていません。

フライヤーさん来日

[ 2009.10.05 ]

CIMG7222.jpg
グレッグ・フライヤーさんが、10月24日に来日いたします。(画像は2007年5月、シドニーのフライヤーさんの工房にて撮影。ブライアン・メイ・スーパー開発時の様子です。)
SDIM1904.jpg
今回、日本に来ていただくのは、フライヤーさんからAC30BMアンプ改造の技術と知識を伝授していただく事が一番の目的です。一緒に数台のAC30BMアンプをアップグレードする予定です。
SDIM1923.jpg
1週間程の滞在期間中、ほぼ毎日Kz Guitar Works片瀬工房で作業を行う予定ですが、28日の「レッド・スペシャル・ライブ」には一緒に会場に行きたいと思っています。24日から27日までの作業が順調に進んでいれば、28日はライブ前の会場でアップグレードしたアンプ等のテストをしたいと思っています。また、フライヤーさんの了承が得られれば、ライブ会場でお客様と交流の場を設けられるかもしれません。
今回の来日に当たって、この機会にフライヤーさんに質問したい事などがありましたら、事前に(出来れば18日くらいまでに)メールでお知らせ下さい。作業の合間などに伺ってみようと思います。

フライヤーさん来日 はコメントを受け付けていません。

「04-02」 その1

[ 2009.10.04 ]

CIMG2672.jpg
ネックグリップ変更のためKz Pro(プロ)をお預かりしています。2006年5月から2007年5月にかけて製作したモデルで、シリアルナンバーは「04-02」です。実は、7月末にお預かりしていたのですが、今日まで手を付けられませんでした。
CIMG2687.jpg
最も大きな改造ポイントは、ネックグリップの厚み変更です。オリジナルより3ミリほど薄くします。また、ヘッドのサイズもほんの僅かですが変更します。塗装を剥ぎ、指板を削り取ってから、グリップ部の加工を行います。かなり大がかりな改造です。
CIMG2680.jpg
ボディー部はスイッチプレートをアルミにアップグレードするくらいで、大がかりな作業は必要ありません。
CIMG2688.jpg
パーツを全部取り外しました。
飯能工房の閉鎖前に、大型機械を使う加工や塗装を終えなくてはなりません。次回は指板のフレットを抜き、ネックの塗装を剥がします。最後のプロの塗装時期に合わせて作業を進める予定です。

「04-02」 その1 はコメントを受け付けていません。

10月28日ライブ

[ 2009.10.02 ]

10月28日(水)に行われるライブの特別先行予約は10月5日(月)で一旦終了させていただきます。通常3,500 円のチケットが3,000 円(学生は2,000 円)となります。さらに、このフォームからご予約いただくと、ライブ当日に特典「レッド・スペシャル・ライブ・デモ音源のフル・バージョンとフライヤー・ブースター比較音源」のCDをプレゼントさせていただきます。
なお、お申込前に必ずライブハウス「横浜Hey – JOE」のウェブサイト内、「About us」ページをご一読いただき、記載事項「予約について」「席数について」「入場に関して」「整理券について」「お会計について」などをご了解いただいた上で、こちらからお申し込み下さい。
是非、皆様お誘い合わせの上お越し下さい。


ライブについて詳しくはこちらをご覧下さい。
ライブのご予約はこちらからお願いいたします。
デモ音源はこちら

10月28日ライブ はコメントを受け付けていません。

飯能作業

[ 2009.10.02 ]

SDIM1849.jpg
9月30日と10月1日の2日間、飯能工房で作業しました。今回はジョイント部のバインディング整形を行いました。
SDIM1858.jpg
時間をやりくりして飯能に通っていますので、なかなか作業が進みません。自分の思い出のために製作しているので、どうしても優先順位は後回しになってしまいます。飯能工房の閉鎖が延び延びで、毎月の家賃も大変です。とはいえ、最後の製作ですので、納得いくまで作業をしたいと思っています。10月になり作業に適した気候になってきましたので、今月末には塗装に入りたいです。
次回はヘッド部にペグ穴を空けたいと思います。

飯能作業 はコメントを受け付けていません。