KZ BLOG

クイーン・カーニバル

[ 2009.11.30 ]

昨日11月29日は、クラブチッタ川崎で開催されたQUEEN Carnival(クイーン・カーニバル)に行ってきました。「うまかQ」、「K.C. Rhye」、「Freddie Eto & Queeness」の3バンドと「Queem」からフレディ・マーシーさん、「Royal Family」からROYさん、ラリルレさんが参加された一大イベントでした。
今回、K.C.Rhyeのギタリスト、Yassさんにブライアン・メイ・スーパーとVOX AC30TBを使っていただきました。このAC30TBはKz Guitar Worksがグレッグ・フライヤーさんからお借りしているモディファイアンプです。
Yassさんは今回コーニッシュのトレブルブースターを2台使用してました。個人的には、コーニッシュはクリーンなサウンドが不得手だと感じましたが、フルボリュームで歪ましたサウンドは素晴らしかったです。また、フェイザーとディレイが不調だったので、使用できなかった事が残念でした。(Yassさんの演奏力でカバーしていたので、お客さんには分からなかったかもしれません。)
R0016830.jpg
4名のギタリストが集まったので器材がバラエティーに富んでいました。ギターはブライアン・メイ・スーパー、Kz Pro(プロ)、Kz Junior(ジュニア)、バーンズ、BMG、キッズ、RS Guitars、自作ギターなど。アンプはモディファイドAC30TB、AC30TB-X、AC30BM、AC30CCでした。これらの器材を見たり、サウンドを聴くことができてとても良い経験でした。
初めてお会いする方とご挨拶できたり、久しぶりの方と情報交換したりと、個人的にも非常に有意義な1日でした。なによりイベント自体がとっても楽しく、次回も是非協力させていただきたいと思いました。

クイーン・カーニバル はコメントを受け付けていません。

飯能作業

[ 2009.11.28 ]

昨日11月27日は、飯能工房で作業しました。朝6時40分頃自宅を出発して、飯能工房に到着したのは10時10分でした。


Kz Junior(ジュニア)「2007004」です。
R0016455.jpg
アップグレードのため、10月23日にオランダから戻ってきました。
R0016463.jpg
センターピックアップとリアピックアップのザグリを深くしました。


プロトタイプ(2001年7月製作開始、2002年2月完成)の本格的な作業に入りました。
R0016437.jpg
フレットを抜き、ネックの塗装を剥ぎました。
R0016450.jpg
フレットを抜いたところ。
R0165310.jpg
最初にドライヤーを使って塗膜を柔らかくしてから、ノミなどで塗装を「めくって」剥がします。プロトタイプの塗装はニトロセルロース・ラッカーです。
R0016532.jpg
木部を傷つけると修正するのが大変ですので、時間をかけて丁寧に剥がしました。次回ペーパーを当てて塗装を完全に取り除く予定です。
プロトは次回、ボディーの塗装も剥がす予定です。


Kz Pro(プロ)「04-02」(2006年5月製作開始、2007年5月完成)もネック塗装を剥がしました。プロの塗装はポリウレタンです。
R0016549.jpg
ドライヤーで熱して、塗膜を柔らかくします。
R0016550.jpg
めくるように剥がします。
R0016579.jpg
グリップ部は、ドライヤーで熱した後にスクレーパーで剥がします。
R0016596.jpg
グリップは後で厚みを変えるので大胆に作業しました。
R0016621.jpg
「04-02」も昨日はここまでの作業でした。次回はペーパーを当てて塗装を完全に取り除く予定です。


「最後のプロ」のネック・ヒール部の最終調整を終えました。次回からは木地調整です。いよいよ塗装前の最終工程となります。


関連記事リンク
ジュニアお預かり
プロトタイプお預かり
「04-02」その1
「04-02」その2

飯能作業 はコメントを受け付けていません。

認定中古品

[ 2009.11.26 ]

Kz Guitar Worksの認定中古品として「ブライアン・メイ・スーパー」を販売いたします。
本日、オールメンテナンスを行いましたが、目立つキズも無く非常に良い状態でした。ブリッジ・アップグレード済み。認定中古品ですので安心してご購入頂けると思います。6ヶ月間の保証付き。価格は525,000円(税込)です。詳細のお問い合わせはメールまたは電話でお願いいたします。
11月30日追記:販売終了いたしました。ありがとうございました。


古物商許可証番号
第452660005575号
神奈川県公安委員会

認定中古品 はコメントを受け付けていません。

ジュニアとキッズ

[ 2009.11.26 ]

ここ数日かかりきりだったKz Junior(ジュニア)のブリッジ・アップグレード(11月19日に作業が終わったジュニアとは別です)と、キッズギターの「BMスピリッツ」モデルのリペアが終了しました。
R0016261.jpg
ジュニアはブリッジをアップグレードしました。ブリッジをボディーに直接ビス留めするので、サステインが延びます。


R0001627.jpg
キッズのBMスピリッツはスライドスイッチの交換と配線周りをアップグレードしました。キッズに採用されていたスイッチはとても小さいので、作業が大変でした。
お預かりした時点でキャビティー内とピックガードには綺麗にアルミ箔が貼られていましたが、美しい仕上がりでした。
R0016263.jpg
作業終了。
ブリッジとピックガードの交換もされていました。他の工房で行われた作業ですが、とても丁寧な仕事で勉強になりました。


関連記事リンク
ジュニアお預かり
キッズギターお預かり

ジュニアとキッズ はコメントを受け付けていません。

アンプ本2

[ 2009.11.23 ]

R0015852.jpg
こちらは、あるお客様からお借りしたアンプ本です。まだざっと目を通しただけですが、VOX特集が組まれた古い日本の雑誌や廃盤になってしまい今では手に入らないムック本、回路図満載で資料的価値の高い洋書など素晴らしい資料だと思いました。

アンプ本2 はコメントを受け付けていません。

アンプ本1

[ 2009.11.22 ]

R0015851.jpg
Kz Guitar Worksで所有しているアンプ関連本です。数年前から少しずつ購入したものですが、上の3冊は今年になってから購入しました。特に一番上の「情熱の真空管アンプ」は素晴らしい参考書です。

アンプ本1 はコメントを受け付けていません。

作業終了

[ 2009.11.19 ]

R0015576.jpg
Kz Junior(ジュニア)「2006023」のアップグレード作業が終了しました。
R0015587.jpg
お客様のご希望で、BMコインをヘッドに貼りました。2004年のミュージカル「ウィー・ウィル・ロック・ユー」の記念コインを使用。後で取ることも出来るように両面テープで貼りました。
ちなみにブライアンのオリジナル(オールド・レディー)に貼ってあるのは、1993年のツアー「バック・トゥ・ザ・ライト」の記念コインです。


関連記事リンク
ジュニアお預かり

作業終了 はコメントを受け付けていません。

「04-02」 その2

[ 2009.11.17 ]

昨日11月16日は、ネックグリップ変更のためにお預かりしているKz Pro(プロ)「04-02」(2006年5月製作開始、2007年5月完成)の作業も(少しだけ、ですが)進めました。
R0015257.jpg
3カ所のピックアップザグリを少し深くしました。ネック加工後は指板やフレットの高さが微妙に変わりますので、ピックアップの高さを変えなくてはならない場合に備えての措置です。
R0015282.jpg
指板から全てのフレットを抜きました。フレット際にも塗装が乗っていますので、塗装を痛めずにフレットを抜くことはまず不可能です。
R0015293.jpg
次回は、ネックの塗装を全て剥がす予定です。その後は、シリアルナンバー「02-04」と同じような作業を予定しています。


過去記事リンク
「04-02」 その1
シリアルナンバー「02-04」

「04-02」 その2 はコメントを受け付けていません。

ジュニア作業

[ 2009.11.17 ]

10月25日に始まったグレッグ・フライヤーさんとのアンプモディファイに関する怒濤の一週間が終わり、帰国された10月30日からは情報と頭の整理を行っていましたが、ようやく先週末から少し落ち着き通常の状態に戻ってきました。
R0014836.jpg
先週末より10月17日にお預かりしていたKz Junior(ジュニア)「2006023」のアップグレードに取りかかっています。11月14日、全てのパーツを取り外し、一部木工加工を行いました。
R0015287.jpg
昨日11月16日は飯能工房に行き、ピックアップとブリッジ部のザグリをして来ました。今週末にはお渡しできるように予定を組んで作業を進めています。
この後には、ジュニアのピックガード交換、プロの定期メンテ、Kid’sのスイッチ交換、ジュニアのアップグレード、「04-02」のネック加工、プロトタイプの大手術など、お待ちいただいている作業がたくさん待っています。時間を見つけて最後のプロの製作も進めなくてはなりません。
できることなら今はアンプに集中したいのですが、なかなかそう言う訳には行きません。
たくさんのお客様から必要とされていることを幸せに感じています。

ジュニア作業 はコメントを受け付けていません。

限定公開記事

[ 2009.11.12 ]

まもなく、Kz Guitar Worksでは日本国内のお客様向けにAC30BMアンプのモディファイを開始する予定です。そこで、アンプ関連の記事は国内のお客様限定公開とさせていただくことにしました。これは、当ブログをご覧になった海外の方が翻訳サイトや写真から推測し、間違った情報が広まってしまうことを未然に防ぐための処置です。
また、生産終了した「Kz Pro(プロ)」関連の記事も限定公開とさせていただきます。これに伴い過去記事の一部を限定公開といたしました。ご不便をおかけいたしますが、ご了承の程よろしくお願いします。
限定公開記事を読むにはメールでパスワードの申請をお願いします。メールの件名を「ブログパスワード希望」とご記入の上、「お名前」と「メールアドレス」を明記してメールをお送り下さい。よろしくお願いいたします。

限定公開記事 はコメントを受け付けていません。

一週間

[ 2009.11.10 ]

「VOX AC30TBシリーズ(1994年~2004年モデル)」や「VOX AC30BM(ブライアン・メイ・モデル)」のモディファイ技術を学ぶために、グレッグ・フライヤーさんに10月24日から30日まで来日していただきました。
もっと早くブログに書こうと思っていたのですが、作業が多岐に渡る上に内容が膨大なこと、企業秘密な部分もたくさんあることなどから、なかなかアップできませんでした。これを書いている今も、膨大な資料の整理と頭の整理が済んでいない状態です。作業中の様子をビデオで記録したのですが、編集どころか確認もできていません。
そこで、とりあえず各日の作業内容を簡単にアップすることにしました。詳細なモディファイの内容や具体的な説明は、資料と頭の整理が済んでから少しずつアップしていこうと思います。


10月24日(土)
17時10分頃、成田空港到着。
21時20分~21時40分頃まで、片瀬工房。
10月25日(日)

14時20分~20時10分まで作業。
R0012243.jpg
ブライアン・メイ・スーパーのテスト。
アンプ各部の役割やモディファイ内容について話す。
セレッション・スピーカーについて。
お薦めの真空管について。
R0012308.jpg
AC30BMのヘッド部を取り出す。
R0012254.jpg
各部の電圧を測定し、アンプの状態を記録する。
ブライアンのアンプに加えられたヒューズ回路について。
真空管の冷却用ファンについて。取り付け位置のアドバイス。
20時10分頃~22時00分までは、夕食しながら来年以降の新たなプロジェクト等について話す。
10月26日(月)
10時20分~20時30分まで作業。
R0012319.jpg
全ての真空管ソケットとメインボード(パワーステージボード)に繋がっている配線を外す。
R0014201.jpg
アウトプットコントロール・ブーストボードの取り外し。(この基板は使用しません。)
作業する際に必要な工具など。中でも「漏電ブレーカー」は必須。
真空管ソケットについて説明。
R0012321.jpg
メインボードを取り外す。
チョークトランスを外す。
 R0012334.jpg
HAKKO474を使って真空管ソケットの端子をキレイに。
アルミパネルのエッジ部バリ取り。
ボリュームポット取り付け穴を広げる。
21時00分頃~22時00分まで、夕食しながら翌日の作業内容について。
10月27日(火)
9時15分~14時00分、16時00分~17時30分まで作業。
メインボードの要交換パーツを外す。
基板上の端子(タレット)をキレイに。(HAKKO474)
R0012399.jpg
12時00分、フライヤーさんが来日前に送ってくれていた荷物が届く。フライヤーさんモディファイのAC30TBや交換用トランス、使用する電子パーツ一式、工具など、段ボール箱5つ。
R0012412.jpg
基板の加工。
交換チョークトランスの取り付け位置の確認
メインボードに交換パーツを取り付ける。
R0124670.jpg
17時40分~22時30分までKORGの吉永さんと会談。
20時10分頃からは片瀬工房近くのレストランに場所を移動して食事。
22時40分~23時45分、翌日のライブで使用するアンプ2台とギター3本などを積み込み。
10月28日(水)
9時30分~13時05分まで作業。
レッド・スペシャルのトレモロ・ユニットのテスト。
R0012500.jpg
フライヤーさんはライブのためにスペシャル・トレブルブースターを製作。(2010年モデルのプロトタイプ)
R0012504.jpg
真空管ソケットの端子をキレイに。
R0012508.jpg
プリアンプボードの要交換パーツを外す。(写真は外す前)
13時05分、片瀬工房を出発。横浜のライブハウスへ。R0012528.jpg
14時30分頃~15時10分頃まで、アンプや新TBのテスト。
15時10分~18時00分頃までライブリハ。フライヤーさんとアンプやTBのサウンドチェック。
19時30分頃~22時05分、レッド・スペシャル・ライブ本番。素晴らしいライブでした。
23時10分頃、片付け終わりで片瀬工房へ。24時00分頃、藤沢到着。
10月29日(木)
8時30分~19時00分まで作業。
プリアンプボードの回路の改造。
真空管のソケット加工。
WWRY仕様アンプのバックパネルを開けて、モディファイ意図の説明。
配線材、ゲージや取り回し方の説明。
R0012726.jpg
プリアンプボードに交換パーツを取り付ける。(写真は取り付け前)
プリアンプボードに「CUT」回路の取り付け。(これで基板の加工はほぼ終了)
AC30BMのダイアグラム(回路図)を見ながら、モディファイ意図の説明。
インプット・ジャックソケットの交換。
パイロット・ライトの交換方法の説明。
10月30日(金)
9時00分~15時40分まで作業。
R0128020.jpg
最終日。残り時間が限られているため、アンプとパーツを前に説明が中心。
ヒューズ位置変更の説明。
スイッチの配線材交換の説明。
コンセントプラグ交換の説明。
オン・オフスイッチ交換の説明。
シャーシの加工準備。
チョークトランスとアウトプットトランスの取り付け準備。
スピーカー・ジャックソケットの配線。
工房所有のTB-Xを使ってAC100VとAC115V入力時での各部電圧の比較。
アンプ各部の電圧測定方法の復習とアンプ回路図の書き方について。
今後のAC30BMモディファイ作業内容の確認。
15時50分頃、飯能工房を出発。成田空港へ。


とにかくあっという間の一週間でした。来日前に予定していた作業の20パーセントくらいしかこなすことができませんでしたが、裏を返せば考えていたより5倍濃密な時間を過ごしたと言うことだと思います。アンプ関わる仕事のスタートとしては、これ以上ないものとなりました。非常に濃い一週間で、忙しくて楽しくて最高でした。これからの人生を考えた時に、とても重要な経験になった思います。
今回作業することができなかった「VOX AC30TBシリーズ」のモディファイ作業などの為、来年春の再来日を約束してくれました。今から楽しみです。

一週間 はコメントを受け付けていません。

真空管

[ 2009.11.06 ]

R0013748.jpg
昨日11月5日、アメリカの真空管専門店に注文していた真空管が届きました。VOX AC30TBシリーズやAC30BMにお薦めの真空管です。


整流管:Sovtek GZ34(欧州名)/ 5AR4(米国名)
ロシア製の現行品です。耐久性に優れており、管内放電などのトラブルの少ない整流管。フライヤーさんによれば、きめが細かいサウンドを得ることができるとのこと。ミュージカル「WWRY」用のアンプにも採用されています。
整流管(GZ34/5AR4)は選択肢があまりなく、Sovtek以外ではJJが考えられるのですが、サウンドはウォームでMullardに似ているが、細かいサウンドの表現力ではSovtekに及ばないとのこと。


パワー管:Mullard EL84(欧州名) / 6BQ5(米国名) – New Production
ロシアにて再生産された復刻版製品。AC30のパワー管には、高品質のEL84を使用することがとても重要です。テストの結果導き出された、BMサウンドにベストなバイアスポイントを指定し、4本1セットでマッチングしたもの(マッチング・クォッド)を購入。


プリ管:Mullard ECC83(欧州名) / 12AX7(米国名) – New Production
ロシアにて再生産された復刻版製品。プリ管はサウンドキャラクターに大きな影響を与えるとても重要な真空管です。ローノイズおよびマイクロフォニック(真空管がシャーシ等の振動を拾って発生するノイズ)テスト済み。このテストに受かっていない真空管をBM仕様のAC30で使用した場合、かなりの割合でトラブルが起きる可能性があるそうです。


当工房から上記の真空管をご購入いただけるように、ただいま準備中です。
AC30TBシリーズではVIB-TREMチャンネルでECC82 / 12AU7というプリ管を使用するのですが、ブライアン・メイ仕様では使わない(抜いてしまいます)ので、ここでは割愛させていただきます。

真空管 はコメントを受け付けていません。

証明書

[ 2009.11.03 ]

R0013189.jpg
本日11月3日、英国BMGより、ブライアン・メイ・スーパーの証明書が届きました。シリアルナンバーは「BMS09041」~「BMS09045」です。
実は8月19日に証明書を送るようお願いしていたのですが、ブライアンが忙しかった為、サインがなかなか貰えなかったそうです。
明日からお客様に発送いたします。

証明書 はコメントを受け付けていません。

予約特典

[ 2009.11.03 ]

R0012702.jpg
画像は、10月28日に行われた「レッド・スペシャル・ライブ」の会場でお渡しした予約特典「サウンド・サンプラーCD」です。Kz Guitar Worksからご予約されたお客様に、お渡しいたしました。(制作はすぬさん、YASSさんにご協力いただきました。ありがとうございました。)
advertise850.jpg
CD同封のチラシには、商品の紹介とCDの内容が記してあります。
ライブ当日は会場がバタバタしていましたので、もし予約特典をお受け取りでない方がいらっしゃいましたら、お名前とお送り先ご住所をお知らせ下さい。お送りさせていただきます。
ライブの内容につきましては、後日詳しく書きたいと思います。

予約特典 はコメントを受け付けていません。