KZ BLOG

JMI

[ 2010.03.31 ]

R0027931.jpg
修理のため、英国製ハンドメイドアンプ「JMI 30/6 Top Boost」をお預かりしています。このアンプは1962年頃のVOX AC30を再現したアンプです。2007年製なのでパワー・アッテネーターは内蔵されていません。
修理後はVOX AC30と比較・研究したいと思っています。このJMIアンプ、非常に評判が良いので楽しみです。
なおこのアンプの宣伝には「JMI amplificationは60年代のJennings Musical Instruments社およびVOX Amplificationとは一切関係ありません」と但し書きがあります。ちょっと混乱しそうなネーミングですね。

JMI はコメントを受け付けていません。

特別販売

[ 2010.03.31 ]

「イースター・スペシャル」と銘打った期間限定・特別販売のお知らせが、フライヤー・ギターズから届きました!
2010年4月1日より、「ブライアン・メイ・トレブルブースター・ボックスセット」を特別価格で販売いたします。数セットのみの売りきり販売のため、完売の際はご容赦下さい。また、ご入金いただいてからのお取り寄せとなりますので、発送まで2~4週間ほど掛かります。あらかじめご了承ください。
「イースター」は日本ではあまり馴染みがありませんが「キリスト教の重要な祝い日」で、今年は4月4日とのことです。イースター期間が過ぎたら特別価格は終了です。


商品説明
2008年のクイーン+ポール・ロジャースのワールドツアーを記念して製作された世界限定100セットのブライア ン・メイ・トレブルブースター・ボックスセット。トレブルブースター「ツーリング、デラックス、プラス」のセットです。専用ハードケースにはシリアルナン バーとブライアン・メイの直筆サイン入り。 売り上げの一部(1セットに付き30ポンド)がネルソン・マンデラ46664チャリティーに寄付されます。
通常価格:81,900 円(税込、送料別)
特別価格:63,000 円(税込、送料別)
ご注文はこちらからお願いいたします。(4月1日午前10時から)

左からツーリング、デラックス、プラスです。トレブルブースター各々のケースの印刷は特別仕様です。


専用ロードケースにはツアーを回った後のようなエイジング加工が施され、鍵も掛けられます。
CIMG1178.jpg
シリアルナンバーとブライアンの直筆サイン入り。

特別販売 はコメントを受け付けていません。

価格改定

[ 2010.03.31 ]

2010年4月1日より、フライヤー製品(トレブルブースター)を値下げいたします。
boosters400.jpg
トレブルブースター・ツーリング 改定前:21,000 円(税込)→ 改定後:18,900 円(税込)
トレブルブースター・デラックス 改定前:21,000 円(税込)→ 改定後:18,900 円(税込)
トレブルブースター・プラス 改定前:21,000 円(税込)→ 改定後:18,900 円(税込)
今年に入って安定していますが、今後の為替状況によっては価格を戻す場合がございます。円高ポンド安の今がご購入のチャンスです。是非、ご検討下さい。
ご注文はこちらからお願いいたします。(4月1日午前10時から)
ご注文のタイミングによっては発送まで2~4週間ほどお時間を頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

価格改定 はコメントを受け付けていません。

VOX AC30/6 TOP BOOST

[ 2010.03.28 ]

R0027361.jpg
お借りしているJMI期の「VOX AC30/6 TOP BOOST(トップブースト)」モデルの詳細です。
R0027369.jpg
製造年を知る手がかりとしては、トーレックスが「ブラック・スムース」、コントロールパネルは「グレー・パネル」、パネルロゴは右下に 「銀色JMI」、グリル・クロスは「ブラウン格子」、スピーカーは「VOX BLUE」、VOXバッジは「一体型」、ハンドルは「プラスチック」、ベンチレーターは「ブラック・メタル」、ノブは「チキンヘッド」、インプットは 「6」、コーナープロテクターは「2ピン」、ボルテージセレクターは「リンクタイプ」、整流は「真空管」です。
R0027372.jpg
キャ ビネット裏のシリアルナンバーは「12860 TB」ですが、JMI期のVOXアンプはシリアルナンバーのデータが大まかなものしか無く、あまり参考になりません。(モノの本によれば1964年製は 10500~11500番くらい、1965年製は16000番くらいとのこと・・・?)
R0027384.jpg
シャシーのシリアルナンバーは 「04560」ですが、正確なデータがないために製造年の決め手になりません。(前述の本によれば、シャシーナンバーは1964年製が3000番台、1965年製は7000番台くらいとのことですが・・・?)
R0027426.jpg  
ス ピーカーのデータコードは「08HH」です。セレッションのデータコードは良い手がかりになります。最初の数字「08」は「8日」を意味し、最初のアル ファベット「H」は「8月」、最後の「H」は「1963年」を意味します。よってこのスピーカーは「1963年8月8日」製造であることが判りました。
総合して判断すると1965か1966年製造だと思いますが、1964年の可能性も捨てきれません。
簡単に内部をチェックしたところ、こちらもV8にはMullard CV4004(12AX7の高信頼管)が間違って挿してありました。その上何故かノーマルチャンネルとブリリアントチャンネルで使用するV1にはMullard CV4003(12AU7の高信頼管)が挿さっていました???
各部の電圧測定は後日行います。「10年近く電源を入れていない」とのことで、少しビビってます。煙や火を噴かないように気をつけます。

VOX AC30/6 TOP BOOST はコメントを受け付けていません。

飯能 0327

[ 2010.03.27 ]

今日3月27日は飯能工房で作業を行いました。プロトタイプ(2001年7月製作開始、2002年2月完成)の作業を進めました。
R0027938.jpg
プロトタイプのトラスロッド仕込み中。次回は指板を貼る予定。
R0027935.jpg
「最後のプロ」はボディーの塗装中です。
ネックの次行程は木地調整です。ネックももうすぐ塗装に入ります。

飯能 0327 はコメントを受け付けていません。

VOX AC30/6 BASS

[ 2010.03.27 ]

R0027321.jpg
お借りしているJMI期の「VOX AC30/6 BASS(ベース)」モデルの詳細です。先日の記事でも触れましたが、この個体はブライアン・メイが所有していたと言われています。見ての通りヘッド部で切り取られ、ヘッドアンプに改造されています。
R0027323.jpg
ざっと調べたところ、このヘッドは「AC30/6 BASS(ベース)」モデルで、トップブースト回路もありませんでした。さらに、ビブラート/トレモロチャンネルのコントロールツマミが取り去られ、スピーカーアウトに改造されていた跡があります。現在は内部で結線されてなく、機能していません。
R0027327.jpg
シャシーのシリアルナンバーとモデル名が記されています。
シャシー内部に「B May」とありますが真贋は不明。
詳細を見ていくと、トーレックスが「ブラック・スムース」、コントロールパネルは「クーパー・パネル」、パネルロゴは右下に「錆色JMI」、ノブは「チキンヘッド」、インプットは「6」、コーナープロテクターは「(恐らく)無し」、ボルテージセレクターは「リンクタイプ」、整流は「真空管」、 シャシーのシリアルナンバーは「03839」でした。
上記の情報を総合すると1961~1963年製造だと思うのですが、キャビの裏側の シリアルナンバーが無いことや、グリルクロス、スピーカー、VOXバッジ、ハンドル、ベンチレーター(通風孔の飾り)などが付いてないので正確な製造年は判りません。
R0027493.jpg  
シャシー内を清掃しながら簡単に内部をチェックしたところ、ビブラート/トレモロチャンネルで使用するV7とV9の真空管(ECC83/12AX7)2本は抜かれていたのですが、V8は挿さったままでした。しかも、本来V8にはECC82/12AU7を挿さなくてはならないのにECC83/12AX7が挿さっていました。レイアウト(実体配線図)を見れば判るのですが、ここはソケットの番号が飛んでいるので間違えやすいです。
R0027707.jpg
いつの時代に記されたのか判りませんが、シャシー内部に書かれた真空管番号。左からV7、V8、V9となっているが間違いです。
R0027706.jpg
正しくは左からV7、V9、V8です。正しく使うためにはV8にECC82/12AU7を挿します。ちなみにパワー管はV3、V4、V5、V6です。
R0027700.jpg
お客様と相談して、ノーマルチャンネルとブリリアントチャンネルでは使わないV8は抜きました。いわゆる「ブライアン・メイ仕様」です。(リイシューのAC30は真空管の配置が異なりますのでご注意下さい。)
R0027487.jpg
各部の電圧測定を行ったところ概ね正常値でした。2年以上電源を入れていなかったと言うことで心配していましたが安心しました。ただ、古いアンプなので当たり前なのですが、ガタが来ている箇所も散見できました。これから時間をかけて抵抗やキャパシターなどは一個一個チェックしたいと思います。
R0027712.jpg
少なくとも写真中央の電解コンデンサは交換したいところ。写真のモノと合わせて3箇所、日本製のパーツに交換されていました。性能に問題はないのでしょうが、ビンテージアンプのパーツとしてはそぐわないような気がします。
また、このアンプは「AC30/6 BASS(ベース)」モデルですが、「AC30/6 NOMAL(ノーマル)」モデルとは3個のキャパシターの値が異なるだけですので、お客様のご希望があれば変更も可能です。さらに、トップブースト回路を追加することも可能ですが、ブライアン仕様には不要です。
作業が進展しましたら、またご報告したいと思います。

VOX AC30/6 BASS はコメントを受け付けていません。

ピックアップ

[ 2010.03.26 ]

本日、ようやく「ブライアン・メイ・スーパー」のピックアップが届きました!
R0_pickups.jpg
来週から組込を再開いたします。今回国内分のシリアルナンバーは「BMS10011~BMS10015」です。
ただいまご注文いただければ、4月初めにお渡しいたします。次回以降の製作が未定のため、ブライアン・メイ・スーパーはこれで最終販売となるかもしれません。あと2本、ぜひご検討ください。
ご注文はこちらからお願いいたします。

ピックアップ はコメントを受け付けていません。

一掃整理

[ 2010.03.25 ]

今年5月末で飯能工房は閉鎖予定です。これを以てレッド・スペシャル製作は終了し、今後はギターリペアとVOX AC30の修理・改造をメインに行います。
レッド・スペシャルのアップグレードや、メンテナンス、リペアは引き続き行って参ります。フライヤー製品のお取扱いも今まで通りです。よろしくお願いいたします。
飯能工房閉鎖に先立ち、片瀬工房内整理のため、使用してない器材を販売いたします。また、今後取扱終了予定のパーツ類でウェブサイトに載せていない商品もこちらで販売いたします。この機会にご購入いただければ幸いです。
3月28日追記:全て終了いたしました。ありがとうございました。


R0027917.jpg
AD30VTです。工房内で数時間ほど使用しました。元箱・説明書付き。AD30VTについての記事はコチラをご覧下さい。
終了


R0027919.jpg
VT30です。工房内で数十分のみ使用しました。元箱・説明書付き。
終了


R0027916.jpg
フォックス・フェイザー。数年前に再発されたモデルです。工房内で数時間使用しました。箱は少し傷んでいますが本体はキレイです。説明書付き。
終了


R0_white.jpg
7メートル・カールコード(ホワイト)。ジミヘン好きの方から製作依頼を受けて2本製作したのですが、急遽1本キャンセルになってしまいました。プラグ等スペックは通常のブラックと同様ですが、特価にて販売いたします。
終了


care.jpg
ギターケア用品は在庫限りで取扱終了いたします。商品について詳しくはコチラ
Turtle スクラッチリムーバー 終了
Turtle ハードシェルワックス 終了
Turtle クロームポリッシュ 終了
ghs ギターグロス 終了
FCGR ポリッシュクロス 終了
 
R0_ coin
今回ギターケア用品をご購入のお客様には、商品1点に付きBMコイン1枚プレゼント。2004年のミュージカル「ウィー・ウィル・ロック・ユー」の記念コインです。

一掃整理 はコメントを受け付けていません。

1ワットアンプ販売

[ 2010.03.24 ]

Kz Guitar Worksで組み上げた「1ワットアンプ(完成品)」を数量限定で販売いたします。在庫整理のため、原価割れのバーゲン価格です。なお、1ワットアンプ(完成品)はこれで終売となります。ご注文、お問い合わせはメールにてお願いいたします。 完成品は全て終了いたしました。ありがとうございました。
また、「1ワットアンプ・キット」は今後、受注後に英国からの取りよせとなりますので、納期を2~4週間ほど頂きます。あらかじめご了承ください。


オンオフスイッチ、スピーカーボリュームを増設しました。キャビネットは漆塗りの伝統工芸士、百瀬順轍氏に塗っていただいた特別仕様です。キャビネット上面にブラウンレザーのレイズド(中央が盛り上がった)タイプのハンドルを取りつけました。
R0027866.jpg
仕様:オンオフスイッチ、スピーカーボリューム増設
キャビネット:蝋色漆(ろいろうるし)仕上げ
ハンドル:Fenderタイプ/レイズド
価格:54,600 円(税込)
終了


オンオフスイッチ、スピーカーボリュームを増設しました。美しいマホガニーのキャビネットです。キャビネット上面にブラウンレザーのフラットタイプのハンドルを取りつけました。
R0027295.jpg
R0027868.jpg
仕様:オンオフスイッチ、スピーカーボリューム増設
キャビネット:マホガニー
ハンドル:Fenderタイプ/フラット
価格:44,100 円(税込)
終了


トレブルブースターを内蔵しました。オンオフスイッチ、スピーカーボリュームも増設。美しいマホガニーのキャビネットです。キャビネット上面にブラウンレザーのフラットタイプのハンドルを取りつけました。限定1台のみの販売です。
R0027861.jpg
R0027862.jpg
仕様:ブースター内蔵、オンオフスイッチ、スピーカーボリューム増設
キャビネット:マホガニー
ハンドル:Fenderタイプ/フラット
価格:54,600 円(税込)
終了


「ディーキー・アンプ・レプリカ」や「1ワットアンプ・キット」で使用する、日本ではとても特殊な9ボルト電池です。
R0027857.jpg
付属のバッテリースナップを使えば、専用電池「PP9」の使用も可能。(PP9電池本体は付属しません)
PP9電池 価格:1,470 円(税込)
販売数:4個(あと2個)


9Vバッテリーに最も近いACアダプター。当工房イチオシのACアダプターです。
ac_adaptor.jpg
プロビデンス Battery Emulator 価格:2,100 円(税込)
終了


R0027870.jpg
本体内部に一般的な9V電池「006P」を収納。この電池は出荷時に付属します。


ご注文、お問い合わせはメールにてお願いいたします。

1ワットアンプ販売 はコメントを受け付けていません。

飯能 0317

[ 2010.03.22 ]

3月17日は飯能工房で作業を行い、Kz Pro(プロ)「04-02」(2006年5月製作開始、2007年5月完成)とプロトタイプ(2001年7月製作開始、2002年2月完成)の作業を進めました。
R0027814.jpg
プロトの加工中。
R0027817.jpg
Kz Pro(プロ)「04-02」のネックと指板に接着剤を塗布。
R0027825.jpg
Kz Pro(プロ)「04-02」は指板の接着まで進みました。
間もなく「最後のプロ」の本格的な塗装に入るため塗装場の掃除を行いました。
今週中にまた飯能に行く予定です。


今年の5月末を以て、飯能工房を閉鎖することを正式に決定いたしました。進行中の大がかりな木工加工や塗装作業は4月中に終える予定です。「最後のプロ」も4月末には完成させたいと思っています。

飯能 0317 はコメントを受け付けていません。

ビンテージ AC30s

[ 2010.03.13 ]

R0027320.jpg
とても貴重なJMI期のVOX AC30/6アンプを2台お借りしています。
R0027321.jpg
1台はキャビが切断されてヘッド部のみに改造されています。ざっと調べたところ「AC30/6 BASS(ベース)」モデルで、トップブースト回路もありません。1961~1963年製造だと思うのですが、正確な製造年が判明しません。後ほど、もう少し詳しく調べてみようと思います。
実はこのアンプ、ブライアン・メイが一時期所有していたと言われているものです。各部の電圧測定を行ったところ、概ね正常値で一安心しました。


R0027361.jpg
こちらは「AC30/6 TOP BOOST(トップブースト)」モデルです。1965か1966年製造だと思いますが、1964年の可能性も捨てきれません。各部電圧測定や回路チェックは後日行います。


これら2台のアンプは、今後Kz Guitar Worksで行うAC30モディファイに役立てます。最高の研究対象で良いお手本になります。

ビンテージ AC30s はコメントを受け付けていません。

ハンドル

[ 2010.03.06 ]

 またまた1ワットアンプの話題です。
R0027290.jpg
今日はハンドルを取りつけました。フェンダー・チャンプのEarly Mid Tweed期に使用されていた物と同じ、フラットタイプ・ハンドルです。ブラウン・レザー製。
いかがでしょうか?

ハンドル はコメントを受け付けていません。

電源ケーブル

[ 2010.03.05 ]

Kz Guitar Worksオススメのアンプ用電源ケーブルの紹介です。当工房でモディファイするアンプにも標準で採用予定です。
R0026983.jpg
元来は医療用ということで、簡単には抜けない対策が施され信頼度の高いホスピタルグレードの3極ACケーブルです。インレット側もコンセント側も非常に喰いつきが良いのが特長。
VOX AC30はIECコネクターが下向きについているので特に注意が必要なのですが、この電源ケーブルに替えれば重力に負けて抜ける事や、アクシデントで外れる可能性がグッと減ります。ただし、コンセント側に2芯の変換アダプターを使用した場合は、アダプターとコンセントの喰いつきは従来通りとなります。

電源ケーブル はコメントを受け付けていません。

続・1ワットアンプ

[ 2010.03.04 ]

ここ1週間ほどトレブルブースターを組みこんだ「1ワットアンプ」を試作中です。
R0027258.jpg
いろいろテストした結果、1ワットアンプはゲインが低いブースターとの相性が良かったので、レンジマスター系のブースターを製作しました。
ブースターをアンプ本体に組みこみ、オンオフスイッチやゲインつまみを付けたりと、かなり苦労しましたが、間もなく完成予定。
R0027277.jpg
続きは後日。

続・1ワットアンプ はコメントを受け付けていません。

久しぶりに飯能

[ 2010.03.04 ]

昨日、3月3日は久しぶりに飯能工房で作業しました。朝9時に片瀬を出発して13時飯能着。13時から21時まで作業して、帰宅したのは深夜0時という強行軍でした。しかも昨日は花粉がすごくて、目のかゆみがつらかった。(飯能工房の周りは杉山で、風が吹くと黄色い花粉が舞うのが見えます・・・)
R0025095.jpg
画像はプロトタイプのピックアップザグリを一旦埋めたトコロ。
Kz Pro(プロ)「04-02」(2006年5月製作開始、2007年5月完成)とプロトタイプ(2001年7月製作開始、2002年2月完成)の作業を進めてきました。
また、「最後のプロ」のボディーは下塗り塗装を終えました。
今月は集中して飯能に通おうと思っています。

久しぶりに飯能 はコメントを受け付けていません。