KZ BLOG

ハンド・ワイヤード

[ 2011.02.24 ]

今週火曜日(22日)に下高井戸の「G-ROKS」スタジオにて「VOX AC30HW(ハンド・ワイヤード)」の試奏をしてきました。
IMG_0857.jpg
ビル屋上にある看板。首都高4号線や甲州街道から、一度は見たことがあるのでは?
R0032886.jpg
「G-ROKS」は、以前KORG本社だったビルにある高品位なリハーサルスタジオ。「プロフェッショナルと大人のためのリハーサルスタジオ」とのことで、試奏したSTUDIO5には専用ラウンジ、バルコニーが併設されていました。
R00329170.jpg
コルグさんのご厚意によりHWシリーズ全5種類を用意して頂きました。右から3つめはKz Guitar Works所有のAC30 TB-Xです。HWシリーズと比較のために持ち込みました。当日は比較動画を撮りましたので機会があればアップします。
R0032895.jpg
演奏はギタリストの清水一雄さんに協力して頂きました。清水さんはAC30TB-Xを3台とAC30BMを所有されていることもあり、AC15HW1X(15Wコンボ・タイプ、1スピーカー、アルニコブルー)がお気に入りでした。
R0032911.jpg
ギターは「ブライアン・メイ・スーパー」と「レスポール」。アンプは左から「AC15HW1」「AC30HWH & V212HWX」「AC15HW1X」です。


今回Kz Guitar Worksが持ち込んだAC30 TB-Xは、定期的なメンテナンスを行い、セレクトした真空管を装備し、エイジングされたキャビネットとスピーカーなど、良い状態のアンプです。
そんなAC30 TB-Xと比べても、HWシリーズのサウンドは遜色ありませんでした。唯一、「新品状態」のHWシリーズは「サウンドにやや硬さが感じられた」ものの、これは時間と共に解消されるでしょう。
何より、このシリーズの売りである「タレットボード・ハンド・ワイヤード製法」の効果は絶大で、音の立ち上がりが素晴らしい。
さらに、マスター・ボリュームやパワー・アンプの出力レベルを変更できるOPモード・スイッチが付いているのも便利です。この様に現代のニーズにも柔軟に対応できる工夫を加えながらも、マスター・ボリューム部を完全にバイパスするスイッチ搭載するなど、本当のAC30サウンドを「真の意味」で再現できるのが素晴らしいです。
サウンドの検証にはもう少し時間をかけなくてはなりませんが、アンプとしての作り込み(製法)という観点から見れば、AC30TBシリーズ(1994-2004年)を凌駕するシリーズだと思います。


まとめ:HWシリーズは、私の予想を遙かに上回る良いアンプでした。
個人的にはマスター・ボリュームが便利だと感じました。所有のAC30 TB-Xにマスター・ボリューム回路を組み込んでみようと思います。

ハンド・ワイヤード はコメントを受け付けていません。

ディーキー価格!

[ 2011.02.24 ]

fryer-sound-deacy-amp-replica-2010.jpg
ディーキーアンプ・レプリカの国内価格が115,500円(税込)に決まりました。
ディーキーアンプはお振込確認後、イギリスに発注いたします。納期は2~4週間ほどとなります。あらかじめご了承下さい。
ディーキーアンプは限定生産です。ご注文は早めに願います。
ご注文はこちらからお願いいたします。


2月20日までにご予約頂いたお客様分は、今週金曜日にイギリスから出荷される予定です。

ディーキー価格! はコメントを受け付けていません。

続 BMスター

[ 2011.02.19 ]

先日、アクリルピックガードにM.O.P(マザー・オブ・パール)で作られたBMスターを埋め込みました。
R0031790.jpg
写真を参考にしながら位置決め・・・
R0031800.jpg
埋め込む位置をくり抜き・・・
R0031801.jpg
M.O.Pの下に敷く厚み調整のパーツを作り・・・
R0031804.jpg
接着前の位置あわせ確認
R0031806.jpg
黒い染料を混ぜたエポキシ樹脂で接着
R0031810.jpg
エポキシの完全硬化後にペーパーで削る
R0031837.jpg
空研ぎペーパーは120~600番、水研ぎは800~2500番まで
R0031824.jpg
水研ぎ終了
R0031845.jpg
バフ磨き終了
キレイに仕上がりました。


関連記事
BMスター

続 BMスター はコメントを受け付けていません。

ZO-3 BM

[ 2011.02.18 ]

2007年12月、試作品のZO-3 BMモデルを改造しました。
古い話で恐縮ですが、記録として残しておきたいので・・・
P2090010.jpg
お客様によると、このZO-3はフェルナンデスが3本作った、BMモデル試作品のうち1本とのことでした。製品化には至らなかったようですが、かなり本気で作られた試作品だと感じました。
CIMG8891.jpg
加工前、パーツを外したところ。シースルー塗装、ボディーバインディング、シングルピックアップ仕様などから、特別バージョンであることがわかります。
CIMG8898.jpg
木工加工後。コントロール部とピックアップ部をザグリました。
zo3bm.jpg
上画像はお客様が参考のために持って来られたムック本。
ZO-3 BMモデルが紹介されています。
お預かりしたギター、ムック本のモデルとはP.U.やスイッチ、ピックガード形状などが異なりました。そこで、当工房ではボディーのザグリ、トライソニックP.U.に交換、スライドスイッチに交換、トレモロアームの交換、コントロールノブの交換、ピックガードの交換、トレモロカバーの交換などを行いました。
P2090013.jpg
この改造はボディーカラー、バインディングの有無やP.U.ザグリの形状などが問題となり、普通のZO-3では出来ないのが残念です。まあ、一回限りの作業だからこそ楽しいのかもしれませんね!


近日中にGUILD BMモデルのモディファイについてアップする予定です。
このモディファイを行うと、サウンドもルックスも生まれ変わります。
ギルドBMオーナーの皆様、ご期待下さい!

ZO-3 BM はコメントを受け付けていません。

ディーキー速報!

[ 2011.02.15 ]

「ディーキーアンプ・レプリカ」の最新情報です!
fryer-sound-deacy-amp-replica-2010.jpg
「まもなく完成し、もうすぐ発送準備に入る」と連絡がありました。
価格や仕様など詳細は、決まり次第お知らせします。

ディーキー速報! はコメントを受け付けていません。

ベルトカバー

[ 2011.02.11 ]

今日作ったVベルトカバーの仕上がりがとっても素晴らしかったので、引き続きバフマシンの話題です。
R0032672.jpg
今までは「むき出しのベルトに巻き込まれたら危ないな」と思いながらも、そのまま使っていました。
今日までカバーを付けることに思いが至らなかったのですが、今朝ふと思いつき、作り始めました。
R0032673.jpg
ダンボール紙を切り貼りして形を作り、全体に荷物の梱包に使うビニールテープを巻きました。
二重三重にテープでコーティングしたので、ダンボール製とは思えない程しっかりと仕上がりました。これから先、ずっと使えそうです。
R0032675.jpg
このバフマシンを購入してから9年くらい経つのですが、昨日の台座と共に「もっと早くやれていれば良かったなー」と思いました。ま、今のタイミングだから出来たことなので、良しとしましょう。
いずれにしても、これからはバフ作業が楽しくなりそうです。

ベルトカバー はコメントを受け付けていません。

バフマシン

[ 2011.02.10 ]

ギター本体やピックガード、いろいろなパーツの磨き上げに活躍するバフマシン。昨年11月に飯能工房から持ってきたままになっていましたが、本日ようやく使えるようになりました。昨日と今日、2日間かけてセッティングしました。
R0032638.jpg
片瀬工房は飯能工房と比べると狭いので、使う時にだけ設置できるコンパクトな台座を作りました。
R0032639.jpg
上から見たところ。設置に必要なスペースが半分以下になりました。
だんだんと片瀬工房も使い易くなってきました。
ちなみに飯能工房では下記のようにセッティングしてました。
CIMG6699.jpg

バフマシン はコメントを受け付けていません。