KZ BLOG

初回分完売

[ 2011.04.30 ]

おかげさまでディーキーアンプ・レプリカの初回入荷分が完売いたしました。
deacy20110430.jpg
今後はお振込確認後にイギリスに発注いたします。納期は4週間ほどです。あらかじめご了承下さい。
なお、ディーキーアンプは限定生産です。ご注文は早めに!
ディーキーアンプ・レプリカ専用ACアダプターはイギリスにて近日開発予定とのことです。

初回分完売 はコメントを受け付けていません。

AC30BMモディファイ

[ 2011.04.27 ]

お待たせいたしました。VOX AC30BMアンプのモディファイを始めます。まずは既存のプリント基板(PCB)を利用した「コンプリート」からサービス開始です。
R0033421.jpg
モディファイ内容
スパークキラー追加
アウトプット・トランス交換
チョーク・コイル交換
オン・オフインジケーターをネオン管に交換
ボリューム・ポット交換
ボリューム・ツマミ交換
インプット・ジャック交換
アウトプット・ジャック交換
ACインレットの交換
整流管のソケットを交換
全ての配線材を交換
全ての抵抗を交換
全てのキャパシターを交換
プリント基板のパターンを加工(信号経路の変更・改善)
”カット”回路の追加
出力選択およびトレブルブースター回路の除去(プリント基板ごと)
インプット・ジャックの位置変更(ご希望に応じて)
カスタマイズ(モディファイに追加する場合の特別価格)
パワースケール組込:10,500円(通常価格:21,000円)
DCファン組込:4,200円(通常価格:8,400円)
ソリッドステート整流に変更(ブライアン・メイ仕様):5,250円(通常価格:10,500円)
整流管交換(Sovtek GZ34/ 5AR4):1,890円(ソリッドステート整流に変更の場合は必要ありません)
プリ管交換(復刻版 Mullard 12AX7/ECC83、ローノイズ、ローマイクロフォニック):4,410円(@2,205円)
パワー管交換(復刻版 Mullard EL84/6BQ5、マッチドクォッド、バイアス指定):12,600円(@3,150円)
ご注文、お問い合わせはメールまたは電話にてお願いします。



R0033275s.jpg

手前がモディファイを施した「AC30BMコンプリート」のヘッド。奥はモディファイ前のノーマルヘッド。
マーキュリー・マグネティックス社(Mercury Magnetics)の出力トランス、チョーク・コイルにアップグレード。ハンド・ワイヤリングでとても丁寧な作りです。
出力トランスはパワー管からスピーカーへの信号を橋渡しします。アンプのサウンド・キャラクターに大きく影響するトランスです。
チョーク・コイルは整流部で交流電圧を直流電圧に変換した後に含まれるリップル成分を取り除き、直流電圧の質を向上させるためのコイル。また、アンダートーンを取り除きサウンドの向上にも貢献します。
AC30BMの電源トランスは100V仕様なので今回は交換しません。(アップグレードも可能です。)
R0033287s_20110427020402.jpg
手前がモディファイ後のAC30BMコンプリートのヘッド。奥はモディファイ前。
R0033283s_20110427020544.jpg
モディファイ前、プリアンプ部。
R0033284s_20110427020544.jpg
モディファイ後、プリアンプ部。キャパシターや抵抗は1つ1つ数値を計って選定したものを使用しています。とくに質が悪いキャパシターはアンダートーンを誘発しますので、きちんと選定することが大事です。
真空管は追加オプションの12AX7/ECC83です。プリ管はサウンドキャラクターに大きな影響を与えるとても重要な真空管です。ローノイズおよびマイクロフォニック(真空管がシャーシ等の振動を拾って発生するノイズ)テスト済み。
R0033183s.jpg
モディファイ前、プリ管ソケット配線。取り回しが良くない上、線材自体も貧弱。
R0033190s.jpg
モディファイ後、プリ管ソケット配線。テフロン被膜20AWGを使用。ヒーター配線をツイストすることでノイズを除去します。
ノーマル仕様のAC30BMは「アンダートーン」とか「ゴースト」「ダブルノート」と言われる演奏した音と同時にそれよりも低い音が鳴ってしまう、調子外れのオクターバーの様なサウンドが出ることが多いのですが、モディファイによってこの症状を取り除きます。オールドやリイシューモデルのAC30TBでも使用状況や電源環境等によってはこの症状が出る事がありますが、AC30BMと比べれば頻度および度合いは極めて少ないです。
R0033280s.jpg
追加カスタマイズのパワー管Mullard EL84/6BQ5です。AC30のパワー管には、高品質のEL84を使用することがとても重要です。テストの結果導き出したAC30にベストなバイアスポイントを指定し、4本1セットでマッチング(マッチング・クォッド)したものを購入。ロシアにて再生産された復刻版製品。
R0033356s.jpg
写真中央に写っている2つの黒ノブの付いたユニットが「パワースケール」です。パワーMOSFET(電解トランジスタ、FETの一種)を使用した基板と2個の可変抵抗器(ポット)を「フェイズインバーターの後ろ(パワー管の前)」と「アウトプットトランスの一次側センタータップとB電源チョーク・フィルターの間」に組み込みます。
仕組みを説明するのはとても難しいのですが、「音色を変えずに音量を小さくする」事ができる画期的な理論です。パワースケールを組込めば音量を無段階で 調節でき、深夜の寝室で鳴らすことができるくらいのボリュームに落としても、しっかりとした「AC30サウンド」が得られます。2つのポットを10の位置 に合わせれば回路はスルーされ、フルアップとなります。音量を下げる場合にも2つのポットを同じ位置にします。「パワースケール」を組み込めば、自宅でも ライブでもAC30が 使えるようになります。さらに「パワースケール」は出力管の寿命を延ばします。取り付け位置は、アンプ上面のコントロール・パネルになります。
AC30BMモデルのインプットジャックはアンプ背面にあるのでちょっと不便です。こちらもご希望に応じてアンプ上面のコントロール・パネルに移動可能です。
ブライアンがワールドツアーで使用しているアンプと同等のサウンドレベルに近づけるには、組み込まれているトレブルブース ター回路と30W/15Wの切替回路の除去が必要です。本来のAC30やブライアン本人のアンプには組み込まれていない回路を切り離す事で、よりストレー トなサウンドになります。


今後予定のアンプサービスです。

  • リイシューAC30 6TB(コルグ1994~2004年)のリペア、メンテナンス
  • リイシューAC30 6TB(コルグ1994~2004年)のモディファイ
  • AC30BMモデルのモディファイ
  • ビンテージAC30/6(JMI期)のリペア、メンテナンス
  • ビンテージAC30/6(JMI期)のモディファイ(トップブースト回路追加など)
  • 真空管のチョイスや交換、マスターボリューム増設、トランス類の交換など
  • その他、AC30のリペア、メンテナンスなど何でもご相談下さい。
AC30BMモディファイ はコメントを受け付けていません。

#02-08 委託販売

[ 2011.04.24 ]

ケイズギターワークス製レッド・スペシャルの委託販売のお知らせです。
このギターは2003年4月製作開始、2004年3月完成した初期モデルです。納品前に当工房にてメンテナンスいたします。ご購入のお客様のご要望に合わせた弦(メーカー/ゲージ)でセッティングいたします。パーツのアップグレードなども承ります。納品後3ヶ月間の保証付き。保証期間中の故障や不具合は無償にて修理いたします。


ケイズギターワークス製レッド・スペシャル(2004年製アップグレード多数)
希望販売価格:462,000円(税込、送別)

完売いたしました。
R0033242.jpg
まだ「Kz Pro(プロ)」となる前のモデルですが、各部アップグレード済み。所有のお客様はほぼ毎年、メンテナンスと改良の為ギターを持って工房までお越し下さってました。もちろん、ギターは愛情を持って大切に扱われていました。
R0033244.jpg
ブリッジ、コントロールノブ、スイッチなどアップグレード済み。ピックガードも一度交換されています。
R0033247.jpg
ペグもシャーラーに交換済み。
R0033249.jpg
シリアルナンバーは「02-08」です。
R0033252.jpg
ボディートップに薄く塗膜のクラックがあります。この頃のモデルはトップコートがニトロセルロースラッカーでした。下塗り、中塗りがウレタン系塗料ですので、クラックは木部まで達していません。
R0033239.jpg
オリジナルのレザータイプケースが付属します。


最終型のKz Pro(プロ)と比べれば、ピックアップ、ストラップピン、ノブ、ピックガード、アルミスイッチプレート、ポット、キャパシターなどはアップグレードの余地がありますが、ブリッジやペグなどの主要部分はアップグレード済みですので、このままでも十分だと思います。

#02-08 委託販売 はコメントを受け付けていません。

1ワットアンプモディファイ

[ 2011.04.23 ]

1ワットアンプをモディファイしました。
R0033125.jpg
モディファイの内容はトレブルブースターを内蔵、バッテリーボックスの変更、そしてアッテネーターの追加です。
R0027202.jpg
トレブルブースターは定番のレンジマスターの回路を参考に自作。
R0033129.jpg
ブースターの基板はHAMMONDのケース(型番1590A)に入れてアンプ内部に固定。ノイズや発振を防ぎます。
R0033169.jpg
バックパネルにトレブルブースターのオン・オフスイッチ、LED、ゲインレベルコントロールを追加。ブースターの電源は9V電池の006Pのみ、ACアダプタは使えません。
R0033124.jpg
バッテリーボックスはBULGIN BX0026。上はアンプの電源、下はブースターの電源。
R0033127.jpg
アッテネーターはL-PAD(50W 8ohm)を使いました。
R0033133.jpg
アッテネーターのサイズが大きいのでアルミパネルを再設計して作り直す必要がありましたが、効果は絶大。音色はそのままでスムースに音量を下げられるようになりました。
R0033166.jpg
フロントパネルはそのまま。黒いキャビネットは、蝋色漆(ろいろうるし)で仕上げた特別仕様。ハンドルが付いているので持ち運びも簡単。
R0033210.jpg
ブースターを内蔵したので、ギターとシールド1本あればどこでも使用できます。


今回モディファイしたのは当工房所有しているものです。もし購入希望の方がいらっしゃれば販売いたします。試奏等で使用していましたので完全な新品ではありませんので、特価にて販売させて頂きます。
仕様:ブースター内蔵、オンオフスイッチ、アッテネーター増設
キャビネット:蝋色漆(ろいろうるし)仕上げ
ハンドル:Fenderタイプ/レイズド
特別価格:63,000 円(税込、送別)
完売しました。
また、過去に「1ワットアンプ完成品」をご購入頂いているお客様のアンプもモディファイ可能です。価格:15,750円(税込、パーツ代込、送別)
よろしくお願いいたします。

1ワットアンプモディファイ はコメントを受け付けていません。

GUILD BMモディファイ

[ 2011.04.22 ]

GUILD BMモディファイです。

R0032927.jpg

加工前、ノーマル状態です。
R0031658.jpg
ピックアップをダイレクトマウント(直付け)にするので、キャビティの深さを変更。
ピックアップはADESON(アデソン社)に交換。
R0031663.jpg
新たにアンダープレートを作ってスイッチやポットをマウント。
ピックガード類一式をアクリルで製作しました。
R0031670.jpg
キャビティー内部を導電塗料でシールド。ピックガード裏全面には銅箔テープを貼りました。
ブリッジもアップグレード。
R0031680.jpg
配線。
R0031688.jpg
スイッチプレートをボディーに固定。ピックアップ、ブリッジもボディーに直付け。
R0031736.jpg
ペグはシャーラーに交換。「BHM」とブライアンのイニシャルが刻まれているトラスロッドカバーは元のを残しました。
R0031738.jpg
ピックガード、ピックアップサラウンド、トレモロカバーはアクリルで製作。コントロールノブ、トレモロアーム、ブリッジ、ピックアップ、ストラップピンをアップグレードしました。


ケイズギターワークスでは、お客様のご希望に合わせたモディファイやアップグレードが可能です。お問い合わせ下さい。

GUILD BMモディファイ はコメントを受け付けていません。

ディーキーアンプ

[ 2011.04.04 ]

「ディーキーアンプ」についての説明です。多くのブライアンファンの方々にとっては「いまさら」な内容かもしれませんが、一度整理しておこう思います。
fryer-sound-deacy-amp-replica-2010.jpg
「ディーキーアンプ」はクイーンのギタリスト、ブライアン・メイがレコーディングで多用する「魔法の力を持つ小さなアンプ」です。1972にクイーンのベーシスト、ジョン・ディーコンがスクラップをリサイクルして作り上げました。製作者の名前から「Deacy(ディーキー)」と名付けられました。
このアンプを使用してレコーディングされたのは「Good Company」でのトランペット・トロンボーン・クラリネットのような音や 「Procession」「The Fellers Master-Stroke」などでのオーケストレーションパート、さらには「Killer Queen」「Lily of the Valley」「God Save The Queen」「The Millionaire Waltz」「All Dead, All Dead」「Bohemian Rhapsody」「Bijou」「A Winters Tale」など、枚挙に暇がありません。
そして・・・
2011年春


ついに登場 – 究極のディーキーアンプ・レプリカ!
何年もにわたる研究、開発、あともう少しという状態、そして大きな失敗を経てついにあの伝説のディーキーアンプのレプリカが登場しました。このアンプはオリジナルの(伝説の)ディーキーアンプの正確な複製品で、今まで出会うこと無かった双子の兄弟と言ってもいいでしょう。(製品に付属するブックレット内、ブライアン・メイ博士の前書きより抜粋)


ディーキーアンプ・レプリカにはフライヤー製「トレブルブースター・ツーリング」の少し弱めにドライブする+31dB程度のゲインが一番マッチします。
今のところディーキーアンプ・レプリカには9ボルトのPP9バッテリーのみがご使用になれます。専用ACアダプターを近日開発予定です。
この商品はお振込確認後、イギリスに発注いたします。納期は2~4週間ほどとなります。あらかじめご了承下さい。ディーキーアンプは限定生産です。ご注文は早めに!


ディーキーアンプ・レプリカ(プロトタイプ)サウンドファイル

ディーキーアンプ はコメントを受け付けていません。