KZ BLOG

ディーキー専用ケース

[ 2011.05.26 ]

R0033588.jpg
ディーキーアンプ専用ケースの価格は52,500円(税込、送別)に決まりました。(上画像のアンプはプロトタイプのディーキーです。なおケースにアンプ本体およびPP9バッテリーは付属しません。)
外装カラーはブライアンと同じブラック、それ以外はレッドとブルーをお選び頂けます。受注後にイギリスで製作するので納期が4~6週間程度かかります。なおケースをご購入頂いた先着5名様にはPP9バッテリー2個をサービスさせて頂きます。
ご注文はこちらからお願いいたします。
R0033591.jpg
長らく欠品しておりました「トレブルブースター・プラス」が1点のみ入荷しました。現在、トレブルブースター3種類全て在庫ありますので、すぐにお届けできます。
ご注文はこちらからお願いいたします。

ディーキー専用ケース はコメントを受け付けていません。

ディーキーアンプ専用ケース

[ 2011.05.10 ]

見本として注文していた「ディーキーアンプ専用ケース」が本日届きました。

伝説のディーキーアンプとディーキーアンプ・レプリカのために特別に製作されたフライトケース。堅牢なFRP製の外装と内部の落とし込みフォームがアンプを保護します。PP9バッテリー2個を収納するポケットがあります。

R0033459.jpg
外装は堅牢なFRP製

R0033460.jpg
内部の落とし込みフォームがアンプを保護

R0033461.jpg
PP9バッテリー収納ポケット

専用フライトケースの外装カラーはブライアンと同じブラック、それ以外はレッドとブルーが選べます。受注後にイギリスで製作するので納期が4週間程度かかります。お問い合わせはKz Guitar Worksまで。

また、ディーキーアンプ・レプリカ専用アダプターが完成間近とのことでした。これは単なるアダプターではなく、バッテリー残量による音の違いをエミュレートするユニットが含まれるとのことです。

ディーキーアンプ専用ケース、ACアダプターユニット共に決まり次第正式な価格を発表いたします。

ディーキーアンプ専用ケース はコメントを受け付けていません。

AC30TBモディファイ

[ 2011.05.07 ]

お待たせいたしました。VOX AC30TBシリーズ(コルグ1994~2004年)のモディファイを始めます。まずは既存のプリント基板(PCB)を利用した「コンプリート」からサービス開始です。
R0033423.jpg
モディファイ内容
スパークキラー追加
パワー・トランス交換(100V仕様)
アウトプット・トランス交換
チョーク・コイル交換
整流管のソケットを交換(必要に応じて)
全ての配線材を交換
抵抗を交換(約20箇所)
キャパシターを交換(約12箇所)
プリント基板のパターンを加工(信号経路の変更・改善)
トレモロチャンネルの除去(残すことも可能)
カスタマイズ(モディファイに追加する場合の特別価格)
パワースケール組込:10,500円(通常価格:21,000円)
DCファン組込:4,200円(通常価格:8,400円)
ソリッドステート整流に変更(ブライアン・メイ仕様):5,250円(通常価格:10,500円)
整流管交換(Sovtek GZ34/ 5AR4):1,890円(ソリッドステート整流に変更の場合は必要ありません)
プリ管交換(復刻版 Mullard 12AX7/ECC83、ローノイズ、ローマイクロフォニック):6,615円(@2,205円)
パワー管交換(復刻版 Mullard EL84/6BQ5、マッチドクォッド、バイアス指定):12,600円(@3,150円)
ご注文、お問い合わせはメールまたは電話にてお願いします。



R0033401.jpg

マーキュリー・マグネティックス社(Mercury Magnetics)の電源トランス、出力トランス、チョーク・コイルにアップグレード。ハンド・ワイヤリングでとても丁寧な作りです。
日本国内で正規販売されていたAC30TBシリーズの電源トランスは米国と共用の117V仕様です。アンプ本来の性能を発揮するには、電源トランスの交換か昇圧トランスの使用が絶対必要です。このモディファイでは質の良いマーキュリー社のトランスへのアップグレードいたします。
出力トランスはパワー管からスピーカーへの信号を橋渡しします。アンプのサウンド・キャラクターに大きく影響するトランスです。
チョーク・コイルは整流部で交流電圧を直流電圧に変換した後に含まれるリップル成分を取り除き、直流電圧の質を向上させるためのコイル。アンダートーンを取り除きサウンドの向上にも貢献します。
R0033400.jpg
ブライアン・メイ本人のアンプと同じブランド/数値の抵抗やキャパシター、配線材などを使用
真空管アンプの性能とトーンを保つ為にはフィルターキャパシター(電解コンデンサー)は少なくても10年ごとに新品に交換する必要があります。 古くなった(または品質の良くない)フィルターキャパシターはハムノイズを誘発し、アンダートーンと言われる(ゴーストとかダブルノートと言われることも)演奏した音と同時にそれよりも低い音が鳴ってしまう、調子外れのオクターバーの様なサウンドを引き起こします。
 
キャパシターや抵抗は1つ1つ数値を計って選定したものを使用します。質が悪いキャパシターはアンダートーンを誘発しますので、きちんと選定することが大事です。
「燃える」などトラブルを起こしやすいスクリーン・グリッド抵抗は難燃性の金属酸化物被膜抵抗3Wに交換するなど、耐久性も大幅にアップグレードします。
R0033414.jpg
取り外され、交換されたパーツ類
また、もしお客様が「トレモロチャンネル」を使用されないのであればトレモロチャンネルで使用するプリ管に繋がるヒーター配線のカット(および真空管の除去)を強くお勧めします。設計上の問題なのですが、トレモロチャンネルのヒーター線がノイズを誘発します。
このモディファイによってブライアンがワールドツアーで使用しているアンプと同等のサウンドとタフな信頼性を獲得します。


今後予定のアンプサービスです。

  • リイシューAC30 6TB(コルグ1994~2004年)のリペア、メンテナンス
  • リイシューAC30 6TB(コルグ1994~2004年)のモディファイ
  • AC30BMモデルのモディファイ
  • ビンテージAC30/6(JMI期)のリペア、メンテナンス
  • ビンテージAC30/6(JMI期)のモディファイ(トップブースト回路追加など)
  • 真空管のチョイスや交換、マスターボリューム増設、トランス類の交換など
  • その他、AC30のリペア、メンテナンスなど何でもご相談下さい。
AC30TBモディファイ はコメントを受け付けていません。