KZ BLOG

ギタリストの声、第四弾は渡辺香津美さんです!

[ 2017.09.19 ]

Kz Oneを使ってくださっているギタリストのコメントを紹介する「ギタリストの声」。第四弾は、名実ともに日本が世界に誇るトップ・ジャズ・ギタリストの渡辺香津美さんです。

kazumi_watanabe

ケイズギターワークスのKz One Standard(スタンダード)を初めて弾いた時の印象は「僕の所有している、どのギターにも無いサウンドが出せる」というものだった。フロントのシングルピックアップのスイートなトーン。2つのピックアップの組み合わせから生れる、多彩なハーフトーンの歯切れ良さ。ピックアップをシリーズにしてアウトプットする、ファットでパワフルなサスティーン。どれも伝統的なサウンドのニュアンスを残しつつ、極めて様々なジャンルの音楽にフィットしそうなサウンドだ。そして最もユニークなのが必殺のフェイズ・アウト・トーン。一体どこで使ってやろうか(笑)。この楽器のTokyoデビューは、僕がかつて参加していたテクノバンド《YMO》のトリビュートライブ(僕とマニピュレーターの松武さん以外はオリジナルメンバーではありませんが)。Kz One Standardは、ステージを飛び交うシーケンサーの細かなラインと、シンセベースの分厚いボトムにも埋まることなく、リズムカッテイングからオーバードライブさせたソロまで、実に気持ちよくプレイさせてくれた。まさにスタンダードにしてモダーン! ネックのグリップも馴染み良く、ピッチの安定感もライブでは強い味方だ。逗子発信のオリジナリティー溢れるギター、Kz One Standardのさらなる進化を楽しみにしている。

ギタリスト 渡辺香津美

コメントは受け付けていません。

ギタリストの声、第三弾!高橋圭一さん

[ 2017.09.18 ]

Kz Oneを使ってくださっているギタリストのコメントを紹介する「ギタリストの声」。第三弾は、9月24日渋谷フーチーズで行う「Kz Oneイベント」に登場いただく、ギタリストの高橋 圭一さんです。

keiichi_takahashi

ホローボディのギターはエアー感と引き替えに、サウンドの芯がなくなるイメージがありました。しかし、Kz One Standard(スタンダード)は、しっかりと芯がありながらエアー感もあり、素晴らしい。レンジの広いピックアップと多彩なコントロールで、守備範囲の広いサウンド作りができます。

Kz One Solid(ソリッド)はスタンダード同様の幅広さを持ちながら、暴れた感じがすごく出せます。感情が高ぶった時でもサウンドが付いてくる安心感があり、いわゆる激しいミクスチャー系のプレイも十分できます。

高橋圭一

コメントは受け付けていません。

ギタリストの声、第二弾!清水一雄さん

[ 2017.09.16 ]

Kz Oneを使ってくださっているギタリストのコメントを紹介する「ギタリストの声」。
第二弾は、今やKz Oneの伝道師とも言うべきギタリストの清水一雄さんです。

kazuo_shimizu

Kz One Standard(スタンダード)は、ホローボディらしいナチュラルでエアー感ある甘い音が素晴らしい。シリパラ・スイッチをシリーズ(直列)にセッティングすればパワーがあって、粘る泣きのギターが弾きたくなります。パラレル(並列)に切り替えれば、とたんにシャキっとしたハーフトーンサウンドが気持ち良いです。抜けが良くて、アルペジオが弾きたくなります。

Kz One Solid(ソリッド)は、締まったサウンド。リア・ピックアップはパワーコードをジャキジャキ弾きたくなり、フロント・ピックアップは甘いトーンです。ソリッドのフェイズ・アウト・サウンドも良いですよ!

スタンダードとソリッド、どちらもサウンド・バリエーション豊かなので、きっと気にいるサウンドが見つかるでしょう。両モデルとも作りがしっかりしていて、プレイアビリティ最高です。たくさんのギタリストに弾いてもらいたいギターです。

清水一雄

コメントは受け付けていません。

ギタリストの声、第一弾!本田毅さん

[ 2017.09.15 ]

Kz Oneを使ってくださっているギタリストからのコメントを「ギタリストの声」として連載します。
第一弾は「PERSONZ」や「fringe tritone」で活躍されている本田毅さんです。

image1

Kz Oneスタンダード。僕の好きなレッド・スペシャルライクなNEWギター。ネットでその存在を知ってから、ずっと気になっていました。初めて手にした瞬間、自分の嗅覚が正しかったと確信。パッシブでありながらパワフルなピックアップ、23通りの組み合わせから生み出される多彩なトーン、そしてギター本体の素晴らしい鳴り。シリパラ・スイッチを使って得られるシングル・コイルのハーフトーン・サウンドは、弾いてすぐに気に入りました。ケーラーのトレモロ・ユニットも独特のサウンドに一役買っています。このギターからインスパイアされて音楽が湧いてきています。これからの更なる進化も期待です。

本田 毅

コメントは受け付けていません。

工房見学 & 試奏会のお知らせ

[ 2017.03.22 ]

4/8(土)に神奈川県逗子市のケイズギターワークスで「工房見学 & 試奏会」を開催します。

普段あまり見る機会のない製作途中のギターや製作工程、大阪サウンドメッセで展示する特別仕様のKz One Standardを一足先にご覧いただけます。

さらに、当日はおよそ10本のKz One Standardを揃えます!
仕様違いのKz Oneを比較するまたとない機会です。

もちろん、試奏して気に入ったギターがあれば、その場でご購入も可能です。
参加ご希望のお客様は下記連絡先までメールまたは電話のうえ、参加人数とお名前・ご連絡先をお知らせください。

ケイズギターワークス工房見学 & 試奏会
日時:4/8(土) 14:00〜16:00頃まで
所在地 : 神奈川県逗子市桜山3-1-5
電話 : 046-801-3150
メール: tsubasa@kzguitarworks.com

皆様のお越しをお待ちしております!
担当:東川

17458187_1365900573472652_3739793744484783203_n

コメントは受け付けていません。
1 / 8712345...102030...最後 »