KZ BLOG

こだわりのセミホロー部を大公開!

[ 2018.03.26 ]


画像は、セミホローモデルの内部構造が見えるモックアップです。

ホロー部のデザイン(設計)は、ふくよかなエアー感とサステインのバランスを狙って試行錯誤しました。1弦側・6弦側共にツノ部分を掘らずに残すことで、特にハイポジションでのサステインが残ります。

また、ホロー部が3つに分かれているのもポイント。ステージ上の爆音でもハウリングに強い構造なんです。ちなみに、真ん中の凸型のザグリにはケーラーブリッジが取り付け用。

Kz One Semi-Hollow(セミホロー)モデルは、サステインを残しつつふくよかなエアー感を実現。それでいてハウリングに強いギターです。

こだわりのセミホロー部を大公開! はコメントを受け付けていません。