プレイヤーの声

清水一雄(ギタリスト)

rec_img_01

このギターは、持った瞬間にとても愛情を感じます。 それもそのはず、長年のレッド・スペシャル研究で培った、知識と技術を惜しみなくつぎ込んで出来上がったオリジナルギターですから。デザイン、木材、パーツ、仕上げ、どこをとっても愛情がたっぷりつぎ込まれているのが伝わってきます。サウンドはレッド・スペシャルを踏襲しつつも、このギターにしか出せない個性的なものです。とても弾きやすく、多くのギタリストに使っていただけるギターだと信じています。ぜひ手に取って弾いてみてください!!素晴らしいですよ!!

小南数麿(ギタリスト)

rec_img_02

僕はライブで前回、今回と違うモデルを使いましたが、とても進化を感じました。その進化はケイズギターワークス独自のものだと思います。でも、独自だからといって「扱いづらい暴れ馬で飼い慣らすのが・・・」なんてことはなく、とても弾きやすく手に馴染んできます。エレクトリックですが、アコースティック豊かなんですよね。そしてシングルコイルなのでワイドレンジですが、パワーは十分で物足りなさは感じません。ケーラーのトレモロユニットもスムーズで使いやすいです!そしてアッセンブリーの組み合わせで作り出される音は魔法のように表情を変えます。これからの進化も楽しみです。皆様も是非この音の魔法を手にとって体験してみてください!!

ダニー・ゴメス(ギタリスト)

rec_img_03

初めてKz One Standardを見たときは驚いたよ。伝説のオリジナル・レッド・スペシャルと、ケーラーを搭載した1984年ギルド製レッド・スペシャル、ダブルカッタウェイのレス・ポールが高次元で融合されて、そこにKZ独自の味付けがされていたからね。クラシックな雰囲気を残しつつ、プレイヤーフレンドリーなデザインだし、扱いやすく工夫されたコントロール部で、ビンテージトーンから現代的なトーンまで多彩に表現できる。そして、信頼できるトレモロシステムとロック式ペグが、表現力に溢れた素晴らしい演奏を可能にしてくれる。クラシックかつアバンギャルドなギターだよ。ケイズギターワークスがデザインした、この驚くべきギターは熱烈なクイーンファンだけじゃなく、より広いギタリスト向けだね。何でもこなす多才なギターを探していたギタリストにピッタリだよ。

ブレント・マスカット(元 Faster Pussycat・ギタリスト)

rec_img_04

このギターは凄いよ。このハンドメイドのギターは、僕のプレースタイルに合っていてとても気に入っている。多目的に使えるし、サステインも素晴らしい。ロックンロールだけじゃなくてカントリーだって演奏できる。こんなギターは今まで弾いたことが無いよ。凄く鳴るし、音とバイブレーションがとてもいい感じだ。これからも弾くのが楽しみだし、持ち出して見せ回るつもりだよ。桜が咲いている時に届いたから「SAKURA」っていう名前を付けてあげたんだ。最高にハッピーだよ。ありがとう、ケイズギターワークス。