Kz Guitar Works

English

「スーパー」のこと 3

更新日:2009年2月9日

今回は、スライド・スイッチのお話しです。
レッド・スペシャルのコントロール部には6つのスライド・スイッチがあり、個々のピックアップのためのオン・オフとフェーズ(位相)の切り替えスイッチとなっています。一般的なギターでは不可能なピックアップの組み合わせにより、実に多様な音色を作り出すことができます。これらのスイッチの組み合わせだけで13種類。トーンとボリュームを組み合わせることにより、さらに多くのサウンドを作り出すことが可能です。レッド・スペシャルの大きな特徴の一つです。
P2080025.jpg
ブライアン・メイ・スーパーには、米国スイッチクラフト社に白いつまみのスイッチを特注したものを採用しています。
新品のスイッチは角が尖っています。指先に引っ掛かる感じです。(上面のギザギザは滑り止めなので、引っ掛かるのが当たり前ですが・・・)ところが、ブライアンのオリジナルは長年の使用により角が丸まっています。ブライアンサイドからのリクエストもあり、それに近い感触を求めた結果、ひとつひとつ手作業で丸めることにしました。上写真、左は未加工、右は加工済み。(お分かりになるでしょうか?)
P2080030.jpg
加工途中。ヤスリで削るだけでは写真のようにケバ立ってしまい、見た目に汚い。指先で直接触れる部分なので、小さなケバでも気になります。
P2080010.jpg
精密なダイアモンドヤスリで角を落とし、上面の溝ひとつひとつを目の細かい耐水ペーパーで研磨します。初めの頃は1つ加工するのに10分以上掛かっていました。数をこなすことで、作業時間が短くなりましたが、それでも1セット(6つ)で30分ほどかかります。地味ですが、大変な作業です。
P2080038.jpg
加工後。見た目の変化は少しだけかもしれませんが、感触が全く違います。