KZ BLOG

アーティスト・レビュー、第二弾!清水一雄さん

[ 2017.09.16 ]

Kz Oneを使ってくださっているアーティストのコメントを紹介する「アーティスト・レビュー」。
第二弾は、今やKz Oneの伝道師とも言うべきギタリストの清水一雄さんです。

Kz One Standard(スタンダード)は、ホローボディらしいナチュラルでエアー感ある甘い音が素晴らしい。シリパラ・スイッチをシリーズ(直列)にセッティングすればパワーがあって、粘る泣きのギターが弾きたくなります。パラレル(並列)に切り替えれば、とたんにシャキっとしたハーフトーンサウンドが気持ち良いです。抜けが良くて、アルペジオが弾きたくなります。

Kz One Solid(ソリッド)は、締まったサウンド。リア・ピックアップはパワーコードをジャキジャキ弾きたくなり、フロント・ピックアップは甘いトーンです。ソリッドのフェイズ・アウト・サウンドも良いですよ!

スタンダードとソリッド、どちらもサウンド・バリエーション豊かなので、きっと気にいるサウンドが見つかるでしょう。両モデルとも作りがしっかりしていて、プレイアビリティ最高です。たくさんのギタリストに弾いてもらいたいギターです。

清水一雄

アーティスト・レビュー、第二弾!清水一雄さん はコメントを受け付けていません。