Kz Guitar Works

English

Guitar Gallery File.0023 / Kz One Semi-Hollow Round Top 24F 3S23 Kahler #2020253

更新日:2021年4月12日

タグ: , , , , , , , , ,

グロス・ホワイトにリフィニッシュされたRownd Top 24F


◇ラウンド・トップ、24フレットの最初の1本
◇『サウンドメッセ』出展用にグロス・ホワイトにリフィニッシュ
◇ショー・モデル用の選別された最高級木材
◇KGW PU、3S23コントロール、Kahlerの人気仕様を組み合わせ

 

《ティザー動画 /約60秒で記事内容がわかる!? 》


 

▲Kz One Semi-Hollow Round Top 24F 3S23 Kahler #2020253

※本モデルは『サウンドメッセ in Osaka』出展用のショーモデルとして製作され、本記事もその前提で書き進めています。が、ご存知のように『サウンドメッセ in Osaka』は中止となってしまいました。以下、本文に「ショーにてお試しください」などの表記は本モデルのコンセプトや属性を表す記述としてご覧ください。


 

《from Work Shop》
このギターは昨年11月の弊社イベント『祭 -2020-』でお披露目されたショーモデルです。このギターはFile.0021の Kz One Solid Round Top 24F 2H6 T.O.M #20200254と同時進行で製作されました。共に、初めてのラウンド・トップ、24フレットですが、1本はソリッド構造での2ハムのリファレンス用。このギターはセミホロー構造、KGW PUを3つ、3S23、Kahlerトレモロ搭載という違いです。このギターにはKzの人気仕様を組み合わせています。

 

■ショーモデルとして作られ、優れた木材を使用
ボディは、ホンジュラス・マホガニー。トップにはベンド加工したホンジュラス・マホガニーを貼る構造です。このギターが完成した時、ナマ音でも素晴らしいアコースティックな響きがあり、とても印象的でした。それは単にセミホロー構造というだけでなく、ネックのホンジュラス・マホガニーとエボニー指板を含む最高級木材を使ったショーモデルとしての木材素材の良さが理由だと思います。

 

■『サウンドメッセ』出展用にリニューアルしたルックス
『祭 -2020-』の終了後、このギターは『サウンドメッセ in Osaka』出展に向けて改装しました。まず、トップのカラーを新カラーのグロス・ホワイトへリフィニッシュです。2ハムの#2020254もですが、ややマホガニー・ナチュラルが薄目に見えたこと。さらに、ラウンド・トップはボディ・トップのラインが美しいので、ボディ・バインディングが映えます。この#2020253は、パーチメントの内側に赤べっ甲のスペシャル・バインディングを施したモデルだったので、そのバインディングとグロス・ホワイトの組み合わせにしてみました。さらに、バックのカラーもやや濃い目のマホガニー・ナチュラルに変更しました。このルックスはいかがですか?

ピックアップとコントロールはKGW P.U.×3、コントロールは3S23です。改装前はプッシュ/プッシュ・スイッチでしたが、通常と同じプッシュ/プルに交換しています。

 

▲ボディトップ

▲KGW P.U.×3

▲3S23コントロール

▲Kahlerトレモロ

▲ラウンドトップ

▲パーチメントと赤べっ甲のバインディング

▲ヘッドトップ。バインディングあり、エボニー・ヘッド・トップ

▲ホンジュラス・マホガニー・バック

▲ホンジュラス・マホガニー・ネック。モダン“C”グリップ


《SPEC》
[Body]
■トップ木材 / セミホロウ ラウンド貼り セットネック
■バック木材 / ホンジュラス・マホガニー
■バインディング / パーチメント+赤べっ甲
■ブリッジ / Kahler
■Fホール / なし
■PU / KGW
■コントロール / 3S23(Ver1)

[Neck]
■スケール / 635mm(25インチ)
■ネック木材 / ホンジュラス・マホガニー
■ヘッドトップ木材 / エボニー
■指版材 / エボニー
■指板バインディング / パーチメント
■ネックグリップ / モダンC
■フレット数 / 24
■フレット / FW55090
■正面ポジション・マーク / ドット マザー・オブ・パール
■サイドポジション・マーク / ブラックドット

[ハードウェア]
■ハードウェア・カラー / クローム
■ピックガード / なし
■ペグ/ SG301 MG-T
■トラスロッド / 2way
■ノブ / メタル

[カラー]
■トップ / グロス・ホワイト
■バック / マホガニーナチュラル
■ヘッドトップ / ナチュラル
■仕上げ / トップ=艶有り、バック=艶無し
■完成時重量 / 約3.4kg


※本記事は2021年4月時点の情報です。

 

《24フレット / ラウンドトップの開発の舞台裏がわかる!!》