Kz Guitar Works

English

Guitar Gallery File.0039 / Kz One Semi-Hollow 22F 3S23 T.O.M #T0039

更新日:2021年6月18日

タグ: , , , , ,

3S23でT.O.M.。セミホローの響きを最大限。究極のサウンドバリエーション。

 

Kz One Semi-Hollow 22F 3S23 T.O.M #T0039
価格=401,500円(税込)

 


◇ホンジュラス・マホガニー・ボディ&ネックのスタンダード・ライン
◇マホガニーの木地を活かしたマホガニー・ナチュラル・カラー
◇3S23の多彩なサウンド
◇T.O.Mブリッジによる一切のロスがないレゾナンス

 

《ティザー動画 /約60秒で記事内容がわかる!? 》

 


 

《from Work Shop》
現在のスタンダード・ラインでは、ボディやネックはマホガニー材が使われています。が、2019年頃の一部のモデルには、ホンジュラス・マホガニーを使った個体があります。このKz One Semi-Hollow 22F 3S23 Kahler #T0039はその1本です。

 

■ホンジュラス・マホガニーのレゾナンスとセミホロー構造のアコースティック感

一般的なアフリカン・マホガニーとホンジュラス・マホガニーの違いは優劣の問題ではありません。それぞれサウンドキャラクターが異なるため、お買い上げになる方の好みだと思います。しかし、ホンジュラス・マホガニーはヴィンテージ・ギターに使われていたので、好みのお客様が多く、何より材料としての価格が高いのは事実です。そのため、弊社でも現在はカスタム・ラインはホンジュラス・マホガニー、スタンダード・ラインはマホガニーという区分にしています。つまり、“スタンダード・ラインなのにホンジュラス・マホガニー”のこのギターはお買い得です。

 

このギターは、セミホロー構造で、ホンジュラス・マホガニーをバックだけでなく、トップにも使用しています。ホンジュラス・マホガニーのレゾナンスとセミホローによるアコースティック感は大変リッチです。また、その杢目と風合いを活かすべく、カラーは全面マホガニー・ナチュラルで塗装しました。艶消しの落ち着いた雰囲気も特徴です。

 

■一切のサウンドロスがないT.O.Mブリッジで最高のサウンドを

さらに3S23の多彩なサウンドにT.O.Mのブリッジをチョイスしました。弊社ではKahlerでもベストなセッティングで音のロスを最小限に抑えていますが、そもそもT.O.Mのブリッジはロスが完全にありません。このギターの特徴であるボディのレゾナンスを余すところなく出すにはT.O.Mはベストチョイスと思います。

 

▲ボディトップ

▲ホンジュラス・マホガニー・トップ。内部はセミホロー構造。

▲KGW P.U. ×3

▲T.O.M.ブリッジ

▲3S23コントロール

 

▲ヘッドトップ

▲ヘッド裏

▲ミディアムファット・グリップ

▲ボディバック。ホンジュラス・マホガニー材。

▲Kz独自のセットネック

 


《SPEC》
[ボディ]
■ボディ構造 : セミホロー
■トップ木材 : ホンジュラス・マホガニー
■バック木材 : ホンジュラス・マホガニー
■バインディング : ホワイト
■ブリッジ : Kahler
■PU : KGW P.U.
■コントロール: 3S23

[ネック]
■スケール: 635mm
■ネック木材 : ホンジュラス・マホガニー
■ヘッドトップ材 : なし
■ヘッドセル : なし
■指版材 : マダガスカル・ローズ
■指板バインディング : なし
■ネックグリップ : ミディアムファット
■フレット数 : 22F
■フレット : FW55090

[パーツ]
■ハードウェアカラー: クローム
■ペグ : SG301 MG-T

[塗装]
■トップカラー : マホガニー・ナチュラル
■バックカラー : マホガニー・ナチュラル
■ネック : マホガニー・ナチュラル
■ヘッドトップ・カラー : ナチュラル
■仕上げ : 艶消し

 


※本記事は2021年6月時点の情報です。