Kz Guitar Works

English

Guitar Gallery File.0013 / Kz One Bolt-On 22 3S11

更新日:2021年3月15日

タグ: , , , , , , , , ,

RSカラーとブラック・ピックガード、3S11でRed Special風に仕上げたKz One Bolt-On 22

 



◇Kz One Bolt-On 22を基にボディカラーとピックガードを変更
◇Red Specialに寄せたイメージ・デザイン
◇3S11コントロールの搭載で、多彩なサウンド
◇『サウンドメッセ in Osaka』出展を目指して製作したショーモデル

 

《ギタリスト 岡 聡志による本機のデモンストレーション動画 》 

 

Kz One Bolt-On 22 3S11
ショー・モデル

 


《From Workshop》

 

弊社では昨年夏にKz One Bolt-On 22を発売しました。Kz One Bolt-On 22は、「アルダー材のボディ」、「メイプル材のネック」、「ボルトオン・ジョイント」、「3シングル・ピックアップ」、「シンクロタイプのトレモロ」など、アメリカン・テイストを意識したモデルです。

 

現在では、楽器店様からのカラー・オーダー(セミ・オーダー)モデルの製作受付もスタート。さらに、お客様/ミュージシャンのご意見を参考にしたバリエーション・モデルも開発中です。このKz One Bolt-On 22 3S11は、4月に大阪で開催される『サウンドメッセ in Osaka』に向けて製作したショーモデルです。

 

■RSカラーとブラック・ピックガードを採用

昨年夏に発売したモデルはアメリカン・テイストというコンセプト通り、明るい色やトラディショナルなカラーを前面に打ち出しました。しかし、お客様からは弊社の原点である「Red SpecialのカラーをBolt-On 22で」というリクエストをいただきました。そこで製作したのが本機です。

 

当然ですが、弊社のギターには「RSカラー」は似合います。さらに、ボルトオンは当初から「ピックガード付」「コントロールをピックガード上にマウント」もコンセプトとしてデザインされています。そのため、ブラックのピックガードと組み合わせた本機ではRed Specialを思わせる雰囲気に仕上がりました。

 

■3S11コントロールの採用

通常のKz One Bolt-On 22のコントロールは、1ボリューム/1トーン、5ウエイ・スイッチ、シリパラ・スイッチが標準です。しかし、本機では特別に「3S11」のコントロールで製作しています。

 

3つのPUにはそれぞれのオン/オフ・スイッチ。それにシリパラ・スイッチにより、シリーズ/パラレルの切り替えが可能です。これにより、このギターでなければ出せないPUの組み合わせ、配線の切り替えが可能になります。

 


▲ボディ正面

▲ブラックのピックガード

▲エルボー・コンター加工

▲3S11コントロール

▲2点支持のシンクロタイプ・トレモロ

▲ボディバック

▲ボルト・オン・ジョイントとヒール・レス加工

▲バック・コンター

▲段付きのヘッドとデカール・ロゴ

▲ビンテージ・タイプのチューナーとUシェイプのネック・グリップ

▲ローズ指板

▲メイプル・ネック

 


《SPEC》

[ボディ]
■ボディ構造 / ソリッド 45mm厚
■ボディ材 / アルダー2P
■ブリッジ / GOTOH NS510T-FE1
■ピックアップ / KGW アルニコ・シングルコイル
■コントロール / 3S11(各P.U.のオン/オフSW、ボリューム、トーン、シリーズ/パラレル切替ミニスイッチ)

[ネック]
■ネック構造 / 平行段つきネック、サテン仕上げ
■ネック材 / メイプル
■指板材 / インドローズ
■指板R / 12R(304mm)
■スケール / 25inch (635mm)
■フレット数 / ツバだし 22F
■フレット / FW55090
■ネックグリップ / Uシェイプ

[パーツ]
■ハードウェアカラー / クローム
■ペグ / GOTOH SG 301

[塗装]
■カラー / RSカラー(=レッド・マホガニー)
■ボディ塗装 / ウレタン・グロス仕上げ
■ネック塗装 / ウレタン・サテン仕上げ(アメ色)
■ボディ塗装 / ウレタン・グロス仕上げ


【Special Contents / 岡 聡志 meets Kz Guitar Part.2 / Kz One Bolt-On 22 3S11】

新進気鋭のギタリスト 岡 聡志がこのギター(実機)を試奏&レビュー!!

 

※本記事は2021年2月時点の情報です。