Kz Guitar Works

English

Guitar Gallery File.0045 / Kz One Solid 22F DSD9 Synchro #T0048

更新日:2021年8月7日

タグ: , , , , , , , ,

ソリッド・アルダー&メイプル・ネックのKz One Solid

 

Kz One Solid 22F DSD9 Synchro #T0048
価格=310,200円(税込)

 


◇KGW Mini-Humbucker搭載のDSD9
◇ソリッド・ボディ&メイプル・ネック、シンクロ・トレモロ
◇トラディショナルなカラーリングながら豊富なサウンド・バリエーション

 

《ティザー動画 /約60秒で記事内容がわかる!? 》

 


《from Work Shop》
#T0048はスタンダード・ラインのソリッド・ボティのKz Oneです。ボディはアルダー材、ネックはメイプル材、指板はマダガスカル・ローズ。セットネックのジョイントです。これらはマホガニー系のギターよりも、ブライトで、芯があるサウンドです。

 

■60sギターを彷彿させるカラーリング
カラーはトップがタバコ・サンバーストです。これは一見、3TSや3CSに見えますが、外周部がブラックではなく、ダーク・ブラウンとなっています。ネックはメイプル材が見えるナチュラル。べっ甲柄のピックガードを組み合わせました。さらに、ブリッジはシンクロ・トレモロを搭載。これらは60年代のギターによく見られるカラー・コーディネートです。イメージとしてはブルースやトラディショナルなロックなどでしょうか。

 

■DSD9の豊富なサウンド・バリエーション
そんな素材、仕様のギターに新しいKGW Mini-Humbuckerを搭載しています。また、ミドルP.U.のKGW Alnicoも、一般的なシングルP.U.よりもパワフルで、中音域の粘りが特徴です。DSD9ですので、サウンド・バリエーションも豊富です。これまでトラディショナルなギターを使ってきたギタリストにも、#T0048はKz Oneのアドバンテージを感じ取っていただけると思います。

 

▲ボディ・トップ

▲ホワイト・バインディング

▲KGW Mini-Humbucker ×2とKGW Alnico ×1

▲DSD9コントロール

▲シンクロ・トレモロ

▲ハカランダ材のヘッド・トップ

▲メイプル・ネック

▲マダガスカル・ローズ指板

▲ボディ・バック

 


《SPEC》
[ボディ]
◼ボディ構造 : ソリッド セットネック
◼ボディ木材 : アルダー
◼バインディング : ホワイト
◼ブリッジ : シンクロ・トレモロ
◼PU : KGW Mini-Humbucker ×2 KGW Alnico × 1
◼コントロール : DSD9

[ネック]
◼スケール : 635mm
◼ネック材 : メイプル
◼指板材:マダガスカル・ローズ
◼ヘッドトップ材 : ハカランダ
◼指板バインディング : ホワイト
◼ネック・グリップ : モダンC
◼フレット数 : 22F
◼フレット : FW47095

[パーツ]
◼ハードウェア・カラー : クローム
◼ペグ : SG301 MG-T

[塗装]
◼トップ・カラー : タバコ・サンバースト
◼サイド、バック・カラー : ダーク・ブラウン
◼ネック : ナチュラル
◼ヘッドトップカラー : ナチュラル
◼仕上げ : 艶あり
◼重量:3.5kg

 


※本記事は2021年7月時点の情報です。

※本製品は2021年6月にビッグボス 名古屋店様に出荷されました。