Kz Guitar Works

English

Kz Pick Up Technical Review part.2 [KGW Original]編

更新日:2021年6月23日

タグ: ,

Kz Pick Up Technical Review part.2 [KGW Original]編

Kz Guitar Worksの大きな特徴のひとつが、オリジナルのピックアップにあります。通常はカバーに覆われ、内部を見ることはできません。しかし、今回はカバーを取り外し、内部構造をクローズアップ。また、解説を有名音楽雑誌で知られるライターの關野 淳 氏に依頼しました。

その第二回がKz Guitar Worksを代表するピックアップの『KGW Original 』です。構造的には『KGW T-S』を踏襲していますが、原始的な構造を様々な技術で現代化。プロ・ギタリストが求めるハイクオリティなピックアップにしています。

 


 

■レッド・スペシャルの発展型『Kz One』に向けて開発されたピックアップ

 

ブライアン・メイのレッド・スペシャルに使われているバーンズ・トライソニック・ピックアップは、高いサウンド・メイキング技術を持った彼が作るクイーンの音楽を作るためにはは不可欠なピックアップだが、その強い独自性故に汎用性のあるピックアップとはいい難い。Kz ギター・ワークスでは、レッド・スペシャルをベースに、幅広い音楽スタイルをプレイするギタリストのに向けてレッド・スペシャルを進化させたギター/Kz Oneをデザインした際に、ピックアップもアップデートする必要があった。

 

▲手前から『KGW Original』『Kz T-S』。KGW Originalは全体のサイズが大型になっている。

 

こうした経緯で生み出されたKGW Originalは、Kz ギター・ワークスの伊集院の描くトーンやギタリスト達からのリクエストをハンドメイドでプロフェッショナルなピックアップ製作を行うP.U.工房レイズの阿部康之が具体化する形で開発された。KGW Originalは、ピックアップのベースとなる60年代初頭のバーンズ・トライソニックのキャラクタを受け継ぎながら、より安定して使いやすく、単独でドライヴ・サウンドも作りやすいシングルコイル・ピックアップになっている。

 

▲KGW Original

■KGW Originalの特性

 

◇KGW Originalの開発ポイント

 

トライソニックは、アンプ側でコンプレッションすることで滑らかなギター・サウンドを作ることができる一方で、そのままでは安定した表情や音量を保つことが難しい側面もある。KGW Originalではトライソニック譲りの2ピース・スタイルのフェライト・バー・マグネットがピックアップの中心にセットされているが、サイズを8ミリ幅へと変更しデガウス(減磁)処理を施すことで、磁界をやや弱めて必要な範囲へ分散させている。

 

▲カバーを外したKGW Original。中央のフェライト・マグネットやヨークなどはバーンズ・トライソニック・ピックアップを踏襲。基板を用いるなど全体の構造を現代化している。

 

◇フェライト・マグネットの強力な磁力を様々に制御

 

ピックアップの特性を安定させるためにKGW Originalでは、中央にセットされたバー・マグネットの上下に板状のパーツを取り付けられたものがコイルを巻くためのボビンになっている。幅広くなったボビンの外形はトーンをメロウな方向へとコントロールすると同時に、上下のボビン・プレートを電子基板のようにコッパー・シールド加工が施されたものにすることで、ピックアップにメタル・カバーを被せた時のような艶のある輪郭が作り出される。また、ボビンのサイドから底面にかけてスティール・プレートから作られたマグネット・ヨークを設置して磁界を効率よくコントロールし、上記のボビン構造と合わせると、ピックアップ全体がシールド・ボックスに入った状態になっている。

 

▲側面

▲斜めからのアングル。

▲下部。

 

◇コイルとの組み合わせで、出力とサステインを確保

 

使用されているコイルはギブソン/フェンダー等に使われている一般的なコイルよりも2ゲージ細いものを選択。また、マグネットに隣接して、一定のテンションでコイルを巻くことで、芯の強さと安定したエッジが生み出される。ボビン形状はトーン・キャラクタをメロウな方向へと導く幅広デザイン。ターン数は抑えられているものの、効率的な磁界も加わって、やや高めの出力、ロング・サステインを実現している

ピックアップは保護のためにブラックもしくはアイボリーのプラスティックのカバーに入れられており、全体のサイズはギブソン P-90に近いオリジナル形状。ピックアップは直接ボディにネジ止めして取り付ける。このカバーは、他のKz ピックアップ・シリーズと共通サイズになっていて、フェンダーのようなアルニコ・マグネット・ポールピースを使ったものやP-90のようなスティール・ポールピースとアルニコ・バー・マグネットを使ったシングルコイル、ややスリムな形状にアレンジされたダブル・コイル・ピックアップといった他のKz ピックアップとも互換性がある。

 

(Text : Jun Sekino )