Kz Guitar Works

English

Sound Messe in Osaka 2021 Kz Guitar Worksの出展予定品

更新日:2021年4月8日

タグ:

4月10日(土) / 11日(日)の二日間、大阪ATCホールで『Sound Messe in Osaka 2021』が開催。Kz Guitar Worksも出展します。


※本記事は、4月8日午後に公開予定していた記事です。『サウンドメッセ in Osaka』の中止は7日19時45分頃に知りました。7日15時に以下の文字部分を記入し、登場するギターたちを撮影していたところです。ですので、同時刻に撮影していた写真を記事にはめ込み、予定時刻に公開します。そのため随所に(ショーは中止になりましたので、)「ブースでお楽しみいただけます」などの表記がありますが、そのまま掲載します。ショーのために私たちが用意した製品を記事内でお楽しみください。

また、Bottom’s Up Guitars様のように、逗子の工房で事前に品定めをしていただき、当日会場で納品する予定だった製品もございます。それらはBottom’s Up Guitars様にてご購入いただけます。その他の製品につきましても、必ず皆さまがご購入いただける機会があると思います。

Kz Guitar Worksは、皆さまとのつながりを大切にしています。また、そのご意見を参考に製品開発を今後も続けて参ります。今回の中止は残念でしたが、早くコロナが終息し、音楽を、楽器を楽しめる日々が戻ることを祈っています。

また、『サウンドメッセ in Osaka』の実行委員の方々、私たちをアテンドしていたたいた『G.E.N』の皆さま、皆さまには深く御礼を申し上げます。

 


逗子を8日に出発しますので、本記事を書いている時点では、未完成なものがありますが、出来る限りの出展情報をお知らせします。出展はGENブース内「G-8」となります。

※カスタムオーダー品の一部は製品の性質上、オーダーいただいた楽器店のブースに展示されている場合もございます。

 

 

【特報!! / New シェイプ & New コンセプトギターが登場!! 】

新しいコンセプトのギターとして『Kz One Air』、そして、Kz Stに姉妹機『Kz ST Bolt-On 22』が登場します。

 

■Kz One Air

「リビングでギターをつま弾きたい。自分のために・・。」ギタリストならそんな思いにかられることがあると思います。そんな思いが、Kz One Air開発の出発点でした。

 

Kzとして、初めてのアコースティック・ボディのギターが、『Kz One Air』です。ボディのアウトラインはKz Oneですが、ボディ厚は、やや厚めの50mmです。これは「ナマ音が自分には心地良い」という絶妙な音量を狙っています。それでいて、スケールは25インチ。さらにエレクトリック用のニッケル弦 .010~.046の弦を張ることを想定しました。このタバコ・サンバーストのモデルはトップとバックがメイプルのプライウッド、ボディ・センターはホンジュラス・マホガニーのホロー構造です。

 

つまり、エレクトリック・プレイヤー本人が最も演奏を楽しめる、というスタンスのギターです。

 

Kzを代表するKGWピックアップを搭載し、プラグインすれば普通にハコ鳴りのあるエレクトリック・サウンドも楽しめます。

 

写真のギターは『サウンドメッセ』でお披露目するために、一旦組み上げたプロトタイプです。今後は仕様変更を予定していますが、ナマ音のほど良い音量、いつもそばに置いて弾きたくなる快適な演奏性などはご確認いただけると思います。

 

社内では、

「プラグインした際には1PUながらピッキングする位置で音のニュアンスが変わる」
「軽量なので気軽に持ち運べるね」

など、デザインした段階とは別角度の感想も挙がっています。ブースで試奏した際は、スタッフにあなたのご意見、ご感想もお聞かせください。

 

 

■Kz ST Bolt-On 22

Kz Oneとは異なるビジョンで作られてきた、Kz STの追加モデルの誕生です。

今回のKz ST Bolt-On 22は、ネック・ジョイントがボルトオンです。アウトラインはどちらかというとオーソドックスなダブル・カッタウエイですが、Kz Guitar Worksのエッセンスを内包しています。

 

まず、新PUにはシングルの『KGW-mini』を3つ搭載しています。試作を重ね、ブラッシュ・アップを重ねた自信作です。

 

コントロールは5Wayセレクターと1ボリューム / 1トーン。ミニ・スイッチはシリーズ/パラレルの切り替えです。シンプルでオーソドックスなコントロール。それでいて、効果が高く、特にシリパラ・スイッチはPUミックス時に軽快なサウンドを生み出してくれます。トラディショナルなギターとは一線を画したKzの特徴です。

 

スケールは635mm(25インチ)、3対3のヘッドなどもKzの代表的な特徴を受け継いでいます。

 

出来立ての製品ですから、いち早くブースでの試奏をお楽しみ下さい。

 


【フラッグシップ・モデル】

■フラット・トップ / 24フレット

昨年秋から、これまで24フレット・モデルは、「ラウンド・トップ」だけで製作してきました。しかし、お客様やミュージシャンからは「24フレットのフラット・トップはないの?」という声もありました。そこで、「24フレットのフラット・トップのKz One」を作りました。

このキターはショーモデルですので、キルテッド・メイプルの杢目が大変ゴージャスなモデルに仕上がっています。



 


【Round Top & 24フレット・モデルたち】

昨年11月のお披露目から、さらに開発を進めてきた新機軸の『Round Top & 24フレット』のモデルを体感。さまざまな仕様の違いをお試しいただけます。

■Gallery 0023

カスタムラインで人気の仕様を満載したKz Oneのマスターピース

 

[特徴]
・セミホロー
・ホンジュラス・マホガニー・トップ
・ホンジュラス・マホガニー・バック
・KGW P.U.
・3S23
・Kahler

 


■Gallery0021 Kz One Solid Round Top 24F 2H6 T.O.M #20200254

ソリッドのオール・マホ。Kz Classic搭載。王道スペックをシンプルに。

[特徴]
・ソリッド
・ホンジュラス・マホガニー・トップ
・ホンジュラス・マホガニー・バック
・KzClassic P.U.
・2H6
・コイルタップ
・T.O.Mブリッジ

 


■Gallery0022 Kz One Solid Round Top 24F K-90 T.O.M #20200258

ソリッドのオール・マホ。Gallery0022に新ピックアップ『K-90』搭載。

[特徴]
・ソリッド
・ホンジュラス・マホガニー・トップ
・ホンジュラス・マホガニー・1ピース・バック
・K-90 P.U.
・1V / 1T
・3Wayトグルスイッチ
・T.O.Mブリッジ

 


■Gallery0012 Kz One Semi-Hollow Round Top 24F 3S23 Kahler #20200220

 

 


■Gallery0019 Kz One Semi-Hollow Round Top 24F 2H6 T.O.M #20200259

ブラジリアン・ローズ&メイプル・プライ・トップ。生粋のショーモデル。


※上のバナーをクリックすると、個別の詳細ページが開きます。
[特徴]
・セミホロー
・ブラジリアン・ローズ&メイプル・プライ・トップ
・ホンジュラス・マホガニー・バック
・KzClassic P.U.
・2H6
・コイルタップ
・T.O.Mブリッジ

 


■Gallery0016 Kz One Semi-Hollow Round Top 24F 3S23 Kahler #20200260

RS仕様のKz One


※上のバナーをクリックすると、個別の詳細ページが開きます。
[特徴]
・セミホロー
・ホンジュラス・マホガニー・トップ
・RS集成材・バック
・Kz T-S(写真はプロトタイプです)
・3S23(スライドスイッチ使用)
・Kahler

※PUを下記の「Kz T-S」に交換し登場予定でした。


 


【スタンダード・ラインのスペシャル・ショー・モデル】

■Kz One Semi-Hollow 22F 3S23 Kahler センターローズ T0070

リーズナブルな価格帯で好評のスタンダード・ライン。このモデルはスタンダード・ラインを基に製作したスペシャル・モデルです。トップのフレイム・メイプル、センターのローズウッド。さらに艶消しのシースルー・ブルーが映える1本です。Kahler、3S23といった人気の仕様です。

 

■Kz One Semi-Hollow 22F 3S23 Kahler センターローズ T0071

※本品は場内「Bottom’s Up Guitars」様ブースに展示予定です。

 


【RSカラーのボルトオン】

■Gallery0013 / Kz One Bolt-On 22 3S17


※上のバナーをクリックすると、個別の詳細ページが開きます。

[特徴]
・ボルト・オンの22フレット
・アルダー・ボディのソリッド
・メイプル・ネック
・KGW アルニコ・シングルコイル
・3S17(各PU個別On-Off+シリ・パラsw+ミドルPUフェイズアウト)
・Synchroトレモロ

※本品は場内「Bottom’s Up Guitars」様ブースに展示予定です。

 


■Kz One Semi-Hollow 22F DSD9 Kahler #T0087

新DSD搭載のスタンダード・ライン



※本品は場内「Bottom’s Up Guitars」様ブースに展示予定です。

 


■Gallery0017 Kz One Solid Round Top 24F DSD9 T.O.M #20200221

新ダブルコイルPU『Kz Mini Humbucker』搭載のDSD。


※上のバナーをクリックすると、個別の詳細ページが開きます。
[特徴]
・ソリッド
・ホンジュラス・マホガニー・トップ
・ホンジュラス・マホガニー・バック
・Kz Mini Humbucker ×2、KGW P.U.
・シリパラ・スイッチ
・T.O.Mブリッジ
※本品は場内「Bottom’s Up Guitars」様ブースに展示予定です。

 


【話題の新PU『Kz T-S』搭載のRS Hybrid Junior】

■Gallery0020 Kz RS Hybrid Junior (KGW T-S Model)

新PU『Kz T-S』搭載のRS Hybrid Junior。実機展示販売(「Bottom’s Up Guitars」様ブースにて)


※上のバナーをクリックすると、個別の詳細ページが開きます。
[特徴]
・マホガニー・トップ
・マホガニー・2ピース・バック
・新ピックアップKz T-Sを搭載
・On-Off スイッチ ×3、フェイズ・スイッチ ×3
・Kahler
※4月販売分は12本限定、6月販売分も12本限定となります。


『サウンドメッセ in Osaka 2021』ではKzブースは、昨年11月の弊社イベント『祭』の秘蔵ビデオもご覧になれます。感染対策を万全にしておりますので、『サウンドメッセ in Osaka 2021』では、ぜひ弊社ブースにご来場ください。